« スポンサードリンク »

メッシ獲得を画策のニューウェルス、ロシア・ワールドカップ終了後にアルゼンチン帰国の可能性も



 ニューウェルス・オールドボーイズはバルセロナ所属のFWリオネル・メッシ復帰を画策しているようだ。
 2018年に開催されるロシア・ワールドカップ終了後にメッシを獲得を検討しているという。


 メッシはニューウェルス下部組織に所属しており、先日どうクラブで引退したいと発言し一気に注目が集まった。
 同クラブのクリスティアン・ダミコ副会長は、メッシの去就について次のようにコメントしている。


「 世界最高の選手がニューウェルスのユニフォームを着れば、我々はクラブとして歴史をつくることができると確信している 」

「 メッシがコロソ( 本拠地のエスタディオ・マルセロ・ビエルサ )で試合をし、世界中のメディアが来るのを想像してくれ。スポンサーも来るだろう。感情的なことだけでなく、財政的にも違いとなる 」


 メッシは、アルゼンチンで現役引退を臨んでおり、恩義を感じている古巣復帰を示唆するコメントも。
 しかし、バルセロナが簡単に手放すことになるかどうかは未確定な要素も多い部分であるのだが。




« スポンサードリンク »

Return to page top