« スポンサードリンク »

バイエルンとのプレ契約合意報道のケディラ、クラブはこれを否定



 レアル・マドリー所属のMFサミ・ケディラ。先日の報道でバイエルン・ミュンヘンと今季終了後に加入することでプレ契約を済むんでいたことが発表された。


 マドリーとケディラは今季終了後に満了を迎えるが、クラブ側はケディラとの契約を延長する意思はない。
 一方で、先日の報道でケディラ本人は、マドリー残留を示唆しいており両者の間には大きな隔たりがあるのが実情だ。


 マドリーは、移籍金の発生するアーセナルやマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーへの売却を望んでいるが、未だ正式合意に達していない状況にある。
 水面下で交渉は進められていると見られているが、仮にこの冬ケディラの新天地が決まらなければ、バイエルンへ新天地を求める可能性は非常に高くなることは間違いないだろう。


 同時に、熾烈な獲得争奪戦が行われるのは必須であり、新天地選びには事欠かないだろう。
 とはいえ、バイエルンは間違いなく1月に公式に選手と接触することが出来るため、夏を待たずケディラのバイエルン入団を契約しておきたいところだ。


 バイエルンは、ケディラとのプレ契約を否定したものの、獲得の可能性を探っていることは事実でろう。
 今冬の移籍市場でも争奪戦が行われることとなれば、豊富な資金力を持つクラブチームが俄然有利となるのは間違いないのだが。

リヴァプールが、今冬にオリジ復帰を検討か?



 今夏の移籍市場でリールからFWディボク・オリジを獲得したリヴァプール。その後レンタル契約で同じくリールへ所属しているオリジだが、予定より早くリヴァプールへ復帰することになるかもしれない。
 今夏の移籍市場で1000万ポンドの移籍金を投資しリールからオリジを獲得したリヴァプール。


 現有戦力では出場機会の確保が難しいため、リヴァプールはそのままリールにお理事をレンタル契約で貸出出場機会を積ませることを決断した。
 しかし、現地時間18日の練習でFWダニエル・スタリッジがももを痛め、全治6週間と診断。


 前線の核となる選手の長期離脱はクラブにとっては大きな痛手。今冬の移籍市場でストライカーの補強も噂されているところであるが、クラブはオリジのレンタル期間を短縮し呼び戻しを画策しているという。
 リールもシーズン中にオリジの返却を望んではおらず、仮に早期復帰ならば500万ポンドの移籍金をリヴァプールへ求めるようだ。


 オリジ本人は、移籍の決断はクラブに委任しているものの、リヴァプール移籍には前向きな姿勢を示している。
 今冬の移籍市場で噂されている大物ストライカーの補強を行うのか?それともオリジを早期復帰させることとなるのか?


 注目が集まるところだ。
 しかし、一方で一部の報道ではオリジ獲得交渉は破談に終わったとも伝えられているだけに去就が注目されている。

C・ロナウド or ベイル獲得を画策するユナイテッドの秘策! ディ・マリアをパリSGへ売却か?



 マンチェスター・ユナイテッドが、来夏の移籍市場でレアル・マドリー所属のFWクリスティアーノ・ロナウドまたはMFガレス・ベイルを獲得することを画策しているという。
 両選手のいずれかの獲得には巨額の資金が必要であり、この夏に費やした戦力補強と同額程度の資金を一人の選手につぎ込まなければならない。


 今後もチームをさらなる高みに向上させるためには、さらなる投資が必要であり到底1人の選手獲得に巨額の資金を投じることは出来ないだろう。
 ユナイテッドは来夏の移籍市場での秘策を準備しているようで、今夏の移籍市場でマドリーから獲得したMFアンヘル・ディ・マリアを売却するプランを検討しているようだ。


 今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンは、ディ・マリア獲得を望んでいた。ユナイテッドへ新天地を求めていこうもパリSGからの関心は続いているようで、来夏の移籍市場での獲得を検討しているのかもしれない。
 この夏、UEFAのファイナンシャルフェアプレー義務違反により処罰を受けていたパリSG。


 順調に行けば、今季終了後にはUEFAからの処罰は解除されることとなるため、この夏耐えてきた反動が大きく出るような予測もある。
 ディ・マリア獲得に関心を示しているパリSGが来夏の移籍市場で獲得に動く可能性は拭いきれない状況にある。


 この夏、パリSGへの移籍が叶わなかったものの、移籍に向けた事前合意を取り付けていたとの報道もあり移籍の可能性は残されている。
 同時に、ディ・マリア本人も「 まだ自分は若いと思っているし、いつの日かパリSGに行くことになると思う 」と話しており、移籍に前向きな姿勢を見せているようだ。

リーガ・エスパニョーラ【 14-15シーズン第12節 2014/11/21 試合結果 】



2014年11月21日(金)の試合

 アスレティック・ビルバオ 3 - 1 エスパニョール


   ↓↓↓ ハイライト ↓↓↓


ユナイテッドがミランダ獲得に向け巨額オファー



 今冬の移籍市場でセンターバックの補強を画策しているマンチェスター・ユナイテッド。
 報道によると、今夏の移籍市場で獲得に関心を示していたアトレティコ・マドリー所属のDFミランダ獲得に巨額のオファーを用意しているようだ。


 先日、エド・ウッドワードCEOが冬の補強を見送る可能性があることを示唆していた。しかし、最終ラインの補強が急務な状態であることは間違いなく、マーケットを注視していることは間違いないさそうだ。


 今季もアトレティコの最終ラインを構築しセットプレーでも無類の強さを発揮しているミランダ獲得に向け、ユナイテッドは2000万ポンドの移籍金を用意していると伝えられている。
 クラブを率いるルイス・ファン・ハール監督もセンターバックの補強を待ち望んでいるとされており、1月に新戦力獲得となるのか注目が集まる。

Return to page top