ブンデスリーガ【 14-15シーズン第18節 2015/1/30 試合結果 】



2015年1月30日(金)の試合

 ヴォルフスブルク 4 - 1 バイエルン・ミュンヘン


   ↓↓↓ ハイライト ↓↓↓



リーガ・エスパニョーラ【 14-15シーズン第21節 2015/1/30 試合結果 】



2015年1月30日(金)の試合

 ラージョ・バジェカーノ 1 - 2  デポルティーボ


   ↓↓↓ ハイライト ↓↓↓


アーセナルがマンジュキッチ獲得に挑戦か?



 アトレティコ・マドリー所属のFWマリオ・マンジュキッチの去就にアーセナルが注目しているようだ。
 冬のマーケットが締め切り間近に迫っている中で、大物ストライカーの獲得を目指しているアーセナル。


 マーケットが開いた当初は、パリ・サンジェルマン所属のFWエディソン・カバーニの獲得を目指していたアーセナル。
 しかし、パリSGの抵抗は予想以上に厳しく、この移籍交渉は破談に追い込まれることに。


 今冬の移籍市場でFWルーカス・ポドルスキをインテルへ放出したアーセナルは、攻撃的に振る舞えることができる選手の補強は急務であると伝えられていた。
 現状を受け白羽の矢を立てたのが、今夏の移籍市場でバイエルン・ミュンヘンからアトレティコへ移籍したマンジュキッチだ。


 アトレティコ加入当初はゴールから遠ざかっていたものの、スペインサッカーにフィットして以降、チームの点取り屋として活躍。
 しかし、冬のマーケットでACミランからFWフェルンアド・トーレスがチームに復帰したこともあり、マンジュキッチの序列が下がるのではないかと伝えられているのだ。


 アトレティコに復帰して以降、まずまずのパフォーマンスを披露しているトーレス。
 ディエゴ・シメオネ監督が、トーレスを中心としたチームを構築することを選択した場合、バイエルン当時と同様チームを後にする可能性は拭いきれない。


 マンジュキッチの性格や気性の荒さを考えると、控えのポジションを受け入れることは考えにくいのが現状か?
 アーセナルは、マンジュキッチ獲得を目指しており2600万ポンドの移籍金を用意していると伝えられている。


 トーレスが、今季をまずまずの成績で終えることができれば、シーズン終了後にアトレティコへ完全移籍させるため一定数の資金を必要としていることは間違いない。


 トーレスとトレードという形でミランへ譲渡したFWアレッシオ・チェルチがミランのスタイルにフィットするのに時間を要する可能性もあり、仮にミランが完全移籍の道を選択肢なかった場合、資金の悪化を改善しなければならなくなる。
 2トップへ移行しマンジュキッチとトーレスを併用するプランをある。


 この辺りは選手層と相談しながら手探りの状態となるのは間違いないが、アーセナルからの魅力的なオファーは検討していくこととなるだろう。
 なお、マンジュキッチの去就にはアーセナルの他にも、マンチェスター・シティなどプレミア勢が獲得の可能性を探っていると伝えられている。


 いずれにしても、冬のマーケット閉幕までカウントダウンが迫っている状況下にある。急転直下の早業で移籍交渉を成立されることとなるか注目が集まる。

ミランがスパルタク・モスクワからDFボケッティ獲得を正式発表



 ACミランが、スパルタク・モスクワ所属のDFサルヴァトーレ・ボケッティ獲得を正式発表した。
 センターバックの補強に着手していたミラン。より安価で即戦力として起用することができる選手の獲得を望んでいたミラン。


 そのターゲットにボケッティを指名し獲得に動いていたようだ。センターバックやサイドバックとしてプレーすることができるポリバレント性をミランは高く評価したようだ。
 2010年にジェノアからルビン・カザンへ移籍したボケッティ。その後、2013年からスパルタク・モスクワでプレーしていた。


 DFフィリップ・メクセスが試合中相手選手に暴力を振るってしまったため、長期出場停止となるミラン。
 リーグ10位と低迷しているミランは、後半戦の巻き返しに向け、いつになく積極的な冬のマーケットを過ごしている。

フィオレンティーナがジラルディーノ獲得を発表



 広州恒大所属のFWアルベルト・ジラルディーノ。今冬の移籍市場で欧州復帰の可能せが伝えられていたが、フィオレンティーナがジラルディーノ獲得で広州恒大と契約を締結したことを発表した。
 今季終了までのレンタル契約で、このレンタル契約には買取オプションが付与されているという。


 今冬の移籍市場でフィオレンティーナのほかカリアリやパルマ、サッスオーロなどがジラルディーノ争奪戦を繰り広げていたものの、この争奪戦でポールポジションを走っていたフィオレンティーナがジラルディーノを獲得することに。


 なお、フィオレンティーナはこの冬広州恒大からMFアレッサンドロ・ディアマンティを獲得しており、来季のチャンピオンズリーグ出場権確保となるリーグ3位争い向け大きな戦力補強となることが期待されている。

Return to page top