« スポンサードリンク »

ザッケローニ監督に古巣ウディネーゼ指揮官就任の可能性?



 日本代表を率いるアルベルト・ザッケローニ監督が、日本サッカー協会との現行契約満了後、母国イタリアへ帰還することになりそうだ。
 そして、休むまもなく古巣ウディネーゼの新監督に就任することになるかもしれない。


 報道によると、今季リーグ戦で15位と低迷中のウディネーゼ。フランチェスコ・グイドリン監督とウディネーゼは2017年まで現行契約を結んでいるが、フランチェスコ・グイドリン監督との契約を解除することも可能であるようだ。
 ウディネーゼの指揮官交代となった場合の、新監督の第一候補には、元ユヴェントスやローマなどの監督を歴任したルイジ・デル・ネーリ氏が挙げられており、一方で日本代表で結果を残しつつあるザッケローニ監督は、結果を、導きけていないと思われる。


 ザッケローニ監督は1995年から98年までウディネーゼを率いていた。その後イタリアの数奥のビッグクラブへ就任したものの、どこのクラブでも一応の結果すら残せていない状況だ。

ラツィオがクローゼと契約延長へ



 ラツィオ所属のFWミロスラフ・クローゼ。今季終了後に現行契約が満了を迎えるクローゼだが、報道によるとラツィオがクローゼとの契約延長に近づいているようだ。
 現在35歳のクローゼにはラツィオとの現行契約満了後、母国ドイツやアメリカ・MLSからの関心も噂されていた。
 しかし、選手自身は去就について明らかにしておらず、あと2年は高いレベルでのプレーを続けることが出来ると考えているようだ。


 この状況を受け、ラツィオのイグリ・ターレSDは、「 クローゼとの合意は近い 」と話しており、選手とは異例中の異例の2年契約を結ぶ見通しであると伝えられている。
 この契約には、選手の活躍に応じて契約延長オプションが1年付与されることになるであろうと見られている。


 2011年からラツィオに所属するクローゼ。引退までイタリア・ローマの地でプレーすることとなるのだろうか?
 なお、今季前半戦の苦戦が足を引っ張りラツィオは現在リーグ9位。来季のヨーロッパリーグの出場圏確保が危ぶまれている状態だ。

ローマがドログバ獲得を画策か?



 今季セリエAで好調を維持しているローマだが、来季のチャンピオンズリーグ出場に向け戦力層の充実を図りたいところだ。
 欧州カップ戦での実績に申し分ない人材の確保に挑みたいローマは、複数の選手をリストアップしているようだ。


 なかでも有力なのが、ガラタサライで未だ異彩を放つFWディディエ・ドログバだ。
 ルディ・ガルシア監督は、来季チャンピオンズリーグに向け「 ただ参加するのではなく、争いたい 」と欧州の舞台での躍進を目指している。


 ガルシア監督の意向によりクラブも今夏の移籍市場での補強に注目が集まるところだ。
 まずフロントが成し遂げなければならないことは、MFミラレム・ピアニッチの慰留に全力を注がなければならない。
 同時に、トッティに依存傾向の高いCFのポジションへ大物ストライカーを招き入れることだ。


 最近、フランスやスペインの報道として、イタリアメディアが伝えたところによると、ローマのルディ・ガルシア監督は、フロントにドログバ獲得のゴーサインを出しているという。
 欧州の舞台での復権を掲げるのであれば、ピアニッチの残留と大物ストライカーの補強は必須。


 ドログバの補強に失敗した場合に備え、パレルモ所属のFWアベル・エルナンデスを補強リストにリストあップし獲得の可能性を探っているという。
 なお、この戦力補強によって退団の可能性が伝えられているのが、期待されて入団したFWマッティア・デストロだ。デストロには国外のクラブチームから関心が寄せられているが、ガルシア監督から一定の評価されており、クラブは放出しない意向であると言われている。

リーガ・エスパニョーラ【 13-14シーズン 2014/4/21 試合結果 】



2014年4月21日(月)の試合

 マラガ 2 - 0 ビジャレアル


   ↓↓↓ ハイライト ↓↓↓

プレミアリーグ【 13-14シーズン 2014/4/21 試合結果 】



2014年4月21日(月)の試合

 マンチェスター・C 3 - 1 WBA


   ↓↓↓ ハイライト ↓↓↓
  • 次のページ »
  • Return to page top