« スポンサードリンク »

ロジャース監督がビクトール・バルデス獲得の可能性を否定



 リヴァプールを率いるブレンダン・ロジャース監督が、元バルセロナ所属のGKビクトール・バルデスの獲得に動いていることを否定した。
 先日の報道で、ビクトール・バルデスへの関心が伝えられたリヴァプール。昨季を最後にバルセロナを退団し現在自由契約のビクトール・バルデスには、今夏の移籍市場でASモナコへの移籍に近づいていた。


 しかし、モナコのメディカルチェクをパスすことができずプレ契約が破断。現在、リハビリを行いながら新天地探しを行っている最中だ。
 今冬の移籍市場で守護神の補強を画策していると伝えられているリヴァプールは、現在フリーの微オクトール・バルデスに興味を示しているとみられていた。


 一部の報道でロジャース監督が、ビクトール・バルデスに対しトライアルを受けることを要請し、両者の関係性が悪化したと伝えられたこともあった。
 GKシモン・ミニョレと競い合うことができる守護神の獲得を模索しているリヴァプールだが、ロジャース監督がバルデスへの関心を完全否定したため、新たなターゲットを獲得すべく今冬の移籍市場に向け積極的な動きを見せていくこととなりそうだ。

ユナイテッドがピケ復帰に向け巨額オファーを準備か?



 今冬の移籍市場でセンターバックの補強を画策しているマンチェスター・ユナイテッドが、バルセロナ所属のDFジェラール・ピケの復帰を検討しているようだ。
 一時のハイパフォーマンスから一転、近年は低調なパフォーマンスに終始しファンやクラブ関係者の期待を裏切り続けている。


 今季も先発出場が4試合に留まっており、センターバックの補強を画策するルイス・ファン・ハール監督がピケ獲得に関心を寄せているようだ。
 とはいえ、バルセロナで数少ない主力級のセンターバック獲得は、簡単なミッションではない。
 ユナイテッドは、バルセロナを口説き落とすために移籍金2000万ポンドの巨額オファーを用意していると伝えられている。


 バルセロナの下部組織出身選手であるピケは、2004年にユナイテッドへ新天地を求めた。しかし、当時の指揮官であるサー・アレックス・ファーガソン元監督の下で出場機会を得ることができず、2008年夏にバルセロナへ500万ポンドの移籍金で復帰を果たしていた。
 バルセロナ復帰初年度からスタメンに定着し、バルセロナ版センターバックとして瞬く間にスペイン代表に上り詰めた。


 世界屈指の実力者として好パフォーマンスを披露していたが、近年はチームのパフォーマンス低下や負傷の影響もあり本来の実力を発揮することが出来ていない状況にある。
 今夏の移籍市場で新指揮官にルイス・ファン・ハール監督を迎え入れ大型補強を断行したユナイテッド。


 チームを解体し再構築している最中である現状を考えれば、リーグ6位は上々の出来か?
 この夏は、前線のタレントを数多く補強したものの最終ライン特にセンターバックの補強は未着手の状態にある。
 今冬の移籍市場でも大型投資を画策しており、センターバックにビッグネーム獲得の可能性が伝えられているのであるが。

インテルがアーセナルFW陣獲得に関心か?



 インテルが、アーセナル所属のFWジョエル・キャンベルとFWルーカス・ポドルスキのいずれかの戦士ゅを今冬の移籍市場で獲得したい意向を持っているようだ。
 両選手とも今季出場機会が恵まれていない状況にあり、移籍の可能性が高いとみられている選手だ。


 特に、ルーカス・ポドルスキはクラブ内での冷遇と出場機会の少なさに不満を抱いている状況にあり、先日今冬の移籍を示唆するコメントを発したばかりだ。
 一方で、インテルにはFWマウロ・イカルディやFWパブロ・オスヴァルド、FWロドリゴ・パラシオ等がストライカーのポジションを争っているものの、周囲を納得させるだけのパフォーマンスを発揮することができているとはお世辞でも言いがたい。


 エリック・トヒル会長がノルマとしている、来季チャンピオンズリーグ出場が現状では困難な状況にあるため、今冬の移籍市場ではチーム立て直しに向け前線の補強に着手することとなると見られている。

マドリーがバイエルンのアラバ獲得に関心か?



 レアル・マドリーがバイエルン・ミュンヘン所属のDFダヴィド・アラバ獲得を目指しているようだ。アラバ獲得が実現した場合、DFマルセロの放出を検討していると伝えられている。
 指揮官であるカルロ・アンチェロッティ監督が新葉を高く評価しており、戦力のスリム化と獲得資金を調達するため、かねてより出場機会が減少していたマルセロの売却を検討しているという。


 アラバは左サイドバックだけではなく、センターバックや中盤の守備的ポジションでもプレーすることができる高いユーティリティー性を有している。
 アラバは、これまでリーグ戦8試合に先発出場しているものの、今季バレンシアからDFファン・ベルナトをあっく得したため、本職である左サイドバックでのプレーは3試合のみにとどまっているのが現状だ。


 今夏の移籍市場で、守備組織の新戦力を多く補強したバイエルン。アラバは現在の起用法に不満を抱いていると伝えられており、この状況が継続することとなるようであれば、今季終了後の移籍も視野にいれるのではないかと推測されている。


 問題は、アラバ獲得で追い出される形となるマルセロの去就だ。
 超がつくほどの攻撃的な左サイドバックを担うマルセロは、アンチェロッティ監督が就任するまではレギュラーとして活躍。
 サイドバックに一定の守備力を求めるアンチェロッティ監督は、マルセロよりもDFファビオ・コエントランを重視し起用する傾向にある。


 仮にアラバ獲得となれば、このポジションは人員型となることは明らかであるため、来夏の移籍市場で放出する可能性も示唆されている。
 問題は受け入れ先のクラブがどの程度現れるかにヨルだろう。無論、ポテンシャルには十二分すぎるほどの能力が秘めており、今後もより多くの活躍が期待できる。


 マルセロがマーケットに投じられることとなれば、まっさきに獲得に動くのがマンチェスター・ユナイテッドになるのではないかとみられている。
 事実、ユナイテッドは、今冬の移籍市場でトリノ所属のDFマッテモ・ダミアンやバルセロナ所属のDFダニエウ・アウヴェス獲得に関心を示しており、注意深く去就を注視しているのが現状だ。


 とはいえ、今季より3バック導入を本格的に施行していることを考えると、センターバックでプレーすることができる戦士ゅを数多く抱えているとはいえ、過密日程をクリアするために良質なターンオーバーを実施するためにはワールドクラスの選手は多く必要。
 グアルディオラ監督が、アラバをどのように評価しどのように説得するかでマドリーの補強指針に大きな影響をあたえることとなるかもしれない。

ヴァランが激白! ユナイテッドから関心が寄せられていた



 レアル・マドリー所属のDFラファエル・ヴァラン。過去にマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が迫っていたことを明らかにした。
 2011年夏に、ランスからマドリーへ新天地を求めたヴァラン。当時18歳ながら、ベテラン選手顔負けのパフォーマンスを披露しマドリーは6年という長期契約を結んでいた。


 しかし、ヴァランはマドリーからのオファーを受け取りつつもマンチェスター・ユナイテッドからの接触があったことを認めている。
 ヴァラン獲得争奪戦は、マドリーの高額条件とフランスのレジェンドであるジネディーヌ・ジダン氏の強い進めもありマドリーへの入団が確定したヴァラン。


 マドリーとの獲得争奪戦に敗れたユナイテッドは、ブラックバーンからDFフィル・ジョーンズを獲得しヴァラン獲得失敗を即座に修復する動きを見せている。
 ヴァランは当時を振り返り、次のようなコメントを残している。

「 ユナイテッド? 彼らは母校のポジションでフィル・ジョーンズを獲得したところだったんだ 」

「 パリ・サンジェルマンのプロジェクトは明確ではなかった。カタールからの投資家は到着したばかりだったし、すべてが漠然としていたよ 」

「 マドリーに対する最初のリアクションは『 もちろん、契約します 』というものではなかった。僕は韓トクがファーストチームでの出場を臨んでいることを知った時に初めて決断を下したんだ 」


 加入当初は、出場機会も限られていたものの近年ではDFぺぺを押し退けDFセルヒオ・ラモスとともに強力なセンターバックを構築している。
 MFシャビ・アロンソが退団したため、守備への負担が増している現状にあるものの、指揮官であるカルロ・アンチェロッティ監督から高い信頼を得てスタメンの座を勝ち取ることに成功している。

Return to page top