« スポンサードリンク »

クリスティアーノ・ロナウドがユナイテッド移籍に向け前進?個人合意との報道も



 レアル・マドリー所属のFWクリスティアーノ・ロナウド。来夏の移籍市場でマドリー退団の可能性が高いと伝えられている。
 報道によると、C・ロナウドは今夏の移籍市場でのクラブの戦力補強に対し不信感を抱いており、来夏の移籍市場でマドリーからの退団を固く決心していると伝えられている。


 マドリーとC・ロナウドの蜜月な関係は終焉に向かっていることは間違いなく、来夏に古巣マンチェスター・ユナイテッドへの移籍を望んでいるという。
 仮にC・ロナウドがマーケットに出回ることとなるのであれば、獲得を画策するクラブは数多く現れることは間違いなく、マンチェスター・シティパリ・サンジェルマンチェルシーといった豊富な財力を持つクラブが獲得に動くこととなるだろう。


 一部の報道で伝えられているところによると、すでにユナイテッドとC・ロナウドは来夏の加入に向け個人の契約面に関して合意に達していると伝えられている。
 来年2月に30歳となるC・ロナウド。マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は選手が退団を望んだば場合、移籍金次第でオファーを受け入れる準備があるとみられている。なお、マドリーはC・ロナウドの移籍に対し6000万ポンド程度の移籍金を求めるとされている。


 獲得争奪戦を一歩リードしているとされているユナイテッドである。これまでもC・ロナウドの移籍に関していくつかの報道がなされてきたが、クラブ関係者はC・ロナウド加入にかなり手応えを感じているという。
 圧倒的な得点力を誇るC・ロナウドだが、加齢に伴いパフォーマンスが低下していくことは間違いない。


 ペレス会長も、今が最も売りどきであることは理解しているはずであり、獲得を望むクラブから高額のオファーが届けば放出に向け動くことになるとみられているのだが。

インテルがイカルディに新たな契約を用意か?



 インテル所属のFWマウロ・イカルディオ。クラブは戦士ゅに対し新たな契約を準備し契約延長に向け交渉を進めていると伝えられている。
 昨年夏にサンプドリアからインテルに加入したイカルディ。昨季はチームが苦しい状況に陥る中でも、リーグ戦22試合に出場し9ゴールをマークした。


 チームの混乱をよそに、孤軍奮闘したイカルディ。ポテンシャルは申し分なく、ビッグネームへの階段を一歩づつ登っているというのが今の現状であるが、先日行われたリーグ第2節オッサスロ戦でハットトリックを決めるなど今季の活躍に期待が寄せられている。
 この夏、イカルディに対し複数のクラブが接触したことからもあきらかなように、常に引き抜きのリスクが存在している現状お危惧し、現行の契約年数や選手が受け取る年俸、そして契約解除金の見直しが行われるものとみられている。


 現在伝えられているのが、選手が受け取るサラリーの増額だ。イカルディは、現在インテルからおよそ90万ユーロの年俸を受け取っているが、新たな契約ではおよそ180万ユーロと倍額となる条件を提示する準備を進めているという。
 将来のインテルを背負って立つ存在へと期待されているいカルディ。インテルと無事契約延長を行うことが出来るか注目が集まっている。

シティ、FFP制裁解除後の最初のターゲットはマルコ・ロイスか?



 この夏、マンチェスター・シティはUEFAからファイナンシャル・フェアプレー違反の処罰としてチャンピオンズリーグ出場登録選手の削減と罰金、そしてこの夏の補強資金の抑制という思い処罰を科されていた。
 順当にいけば来年夏の移籍市場でこの処罰は解除されることとなるが、罰則解除後に大物選手の獲得を画策しているようだ。


 シティがターゲットとしているのが、ボルシア・ドルトムント所属のMFマルコ・ロイスであるという。
 ロイスとドルトムントとの契約には、2500万ポンド以上のオファーがあれば契約を解除することが出来る条項が設定されており、シティの移籍マーケットを取り仕切るチキ・ベギリスタインしが既にM・ロイス獲得に向け動き出しているようだ。


 現在25歳のM・ロイス。これからキャリアでピークの時期がやってくるとみられており、数多くのクラブが各特を目指すこととなるだろう。
 ドルトムント入団当初は、ポテンシャルは買われていたものの殻を突き破りきれない選手穂1人という位置づけであったが、昨季1年で大きく飛躍。


 ドイツを代表するサイドアタッカーに成長し、ドルトムントでサイドのほかトップ下も経験するなど、選手としての引き出しをさらに増やした感がある。
 日に日に上がるM・ロイスの市場価格だが、すでにシティのほかにもマンチェスター・ユナイテッドやアーセナルといったプレミア勢やバルセロナ、レアル・マドリーのスペイン2今日も獲得に関心を示している。


 すでにマドリーは、退団が噂されているFWクリスティアーノ・ロナウドの後継者のひとりとして、M・ロイスを補強リストにリストアップしておりエースの退団が確実視された場合、積極的に圧力を掛けることになるとみられている。


 M・ロイス獲得を画策するシティには、数多くのボールホルダーが集まっている。
 しかし、2列目の選手に得点能力の高い選手が在籍しておらず、M・ロイスが加入することでさらに攻撃のバリエーションを増やすことができることは間違いない。
 とはいえ、M・ロイス獲得を画策するクラブは、前述のとおり数多く本気のマドリーを相手にすることとなれば、どこまで戦うことが出来るか注目が集まることろだ。

ブンデスリーガ【 14-15シーズン第3節 2014/9/14 試合結果 】


2014年9月14日(日)の試合

 アイントラハト・フランクフルト 0 - 1 FCアウグスブルク
 ハノーファー96 2 - 0 ハンブルガーSV


   ↓↓↓ ピックアップハイライト ↓↓↓


リーガ・エスパニョーラ【 14-15シーズン第3節 2014/9/14 試合結果 】



2014年9月14日(日)の試合

 ラージョ・バジェカーノ 2 - 3 エルチェ
 バレンシア 3 - 1 エスパニョール

 セビージャ 2 - 0 ヘタフェ
 グラナダ 0 - 0 ビジャレアル


   ↓↓↓ ピックアップハイライト ↓↓↓

Return to page top