ホーム » アントニオ・カッサーノ
« スポンサードリンク »

タグ「アントニオ・カッサーノ」を含む記事一覧(24ページ中1ページ目)

サンプドリア、遂にカッサーノを見限る... 練習参加を拒否

kasano.jpg




 先日、無所属でシーズンを終了することが事実上決定した元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ。
 無所属の状態が続いているものの、トレーニングは欠かさず行っている。前所属クラブであるサンプドリアでトレーニングに参加しているものの、遂にサンプドリアがカッサーノを締め出すこと尾を決断した。


 今冬の移籍市場でペスカーラやパレルモから関心が寄せられていたが、これらのオファーをすべて拒否。
 その後、セリエBのラティーナやテルナーナ、ヴィルトゥス・エンテッラからオファーが届いていたものの、すべてのオファーに断りを入れていた。


 就活中のカッサーノは、サンプドリアの下部組織に帯同していたが、半ば絶縁状態でチームを後にしたため、サンプドリア側がカッサーノ締め出しという強硬手段に。
 現状を受け、カッサーノは自らが置かれた立場を次の通り説明した。


「 とても残念だ。とりわけ、素晴らしいユースの選手たちとトレーニングをすることができないのが残念ではならない。この数ヶ月、彼らから多くのことを学んだんだ。だが、これが人生だ。前に進んでいくよ 」

「 彼らがお別れ会をやってくれて、とても嬉しかったよ。とても素晴らしい少年たちだ。今回も顔を上げて、前に進んでいく。彼らとトレーニングを続けたかったのだが、幹部がそれを拒否した。その理由を説明しなければならないはずなのだが…。このことについてはいつか説明したい。問題は1つもないのだからね 」


 クラブとの関係悪化で退団することとなったカッサーノ。
 選手本人は、クラブ側に説明を求めるコメントを残しているが、これまでチーム練習に帯同することを許可していたことすら驚だ。


 サンプドリアから締め出しをくらい、トレーニング環境も失うこととなったカッサーノ。
 水面下では“ 現役引退 ”の可能性がささやかれている中、選手本には残りのシーズンを『 家族ととともに、家で“ お父さんをする ”』とコメントしているようだが。


« スポンサードリンク »

Return to page top