ホーム » ハビエル・エルナンデス

タグ「ハビエル・エルナンデス」を含む記事一覧(77ページ中1ページ目)

チチャリートにユナイテッド復帰の可能性が? モウリーニョ監督が高く評価とも

chicyoarito.jpg




 レヴァークーゼン所属のFWハビエル・エルナンデス。プレミアリーグ復帰の可能性が浮上した。
 報道によると、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるマンチェスター・ユナイテッドがチチャリート獲得を検討しているようだ。


 かつてスーパーサブとしてユナイテッドでゴールを量産したチチャリート。
 その後、デイビット・モイーズ元監督、ルイス・ファン・ハール元監督の下で出場機会を得られず、2015年にレヴァークーゼンへ。


 秘めたるポテンシャルは申し分なかったものの、ユナイテッド、そしてレンタル契約で加入したレアル・マドリーで安定した出場機会を与えられなかったため、鳴りを潜めていた。
 しかし、ブンデスリーガへ新天地を求めて以降、その得点能力は完全に開花。


 好調レヴァークーゼンを牽引するゴールを披露し続けている。
 クラブと蜜月な関係を構築し続けてきたチチャリートだが、この動きに変化の兆しが。


 ストライカー独自のアクの強い性格が仇となり、レヴァークーゼンを率いるタイフン・コルクト監督との確執が表面化。
 チーム全体が不調であることも一つの原因であることは間違いないだろう。


 一度はレヴァークーゼン退団が噂されたチチャリートだが、この冬の移籍は回避。
 だが、今季終了後の退団は避けることが出来ないのかもしれない。


 ユナイテッドは、今季絶対的エースとして君臨したFWズラタン・イブラヒモヴィッチが負傷の影響で長期離脱。
 昨季まで中心選手として活躍したFWウェイン・ルーニーの退団もほぼ確定。


 この夏にストライカーの補強は必須の状態であり、これまでアトレティコ・マドリー所属のFWアントワーヌ・グリーズマンやトリノ所属のFWアンドレア・ベロッティ、エヴァートン所属のロメル・ルカク等をリストアップしている。
 現有戦力の駒不足が露呈しているユナイテッド。


 大物ストライカー補強が噂されているストライカー陣だが、プレミアリーグでのプレー経験を持ち、ブンデスリーガで姫たる得点力を開花させたチチャリートは、ユナイテッドにとって理想的な存在なのかもしれない。
 なお、レヴァークーゼンとチチャリートは、2018年まで契約を締結している。



Return to page top