ホーム » ロサンゼルス・ギャラクシー
« スポンサードリンク »

タグ「ロサンゼルス・ギャラクシー」を含む記事一覧(57ページ中1ページ目)

イブラヒモヴィッチ、アメリカMLS挑戦を表明か? 代理人がクラブと交渉とも

iburah.jpg




 マンチェスター・ユナイテッド所属のFWズラタン・イブラヒモビッチ。選手本人が今季終了後にアメリカMLS挑戦を希望しているようだ。
 しかし、この希望を実現させるためには、乗り越えなければならない生涯がいくつもあるという。


 昨季を最後にパリ・サンジェルマンを退団しマンチェスター・ユナイテッドへ加入したイブラヒモビッチ。
 現行契約は今季終了後に満了を迎え他クラブとの交渉は自由に行うことができる。


 すでに、アメリカMLSのロサンゼルス・ギャラクシーがイブラヒモビッチ獲得を希望しており、選手の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が渡米しLAギャラクシー側と交渉を行っているという。
 順調に進むかとみられていたこの交渉。思わぬところに障害があったようだ。


 MLSにはサラリーキャップ制度という制度が設けられており、1ヶ月あたり100万ユーロに近い予算が必要なイブラヒモビッチの年俸額が大きな障害であるという。
 一方で、ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督もイブラヒモビッチとの契約延長を熱望しており、サラリーの大幅な低下は考えにくく、イブラヒモビッチ本人が望んでいるアメリカ行きが実現するかどうか、現状では不透明のようだ。


 アメリカ挑戦が見送られることとなればユナイテッドとの契約延長一択であるとされているイブラヒモビッチの下には、中国スーパーリーグから破壊的なオファーが飛び込んでいる。
 現時点で明らかにされているのが年俸3000万ユーロの2年契約というオファーが届いている。


 中国でのプレーを望んでいないイブラヒモビッチは、このオファーに難色を示しており中国挑戦の可能性は考えられない。
 欧州で唯一手にしていないチャンピオンズリーグのタイトル獲得のために、もう1年ユナイテッドでプレーする可能性がある。


 MLSは過去に、このサラリーキャップを例外的に解除したケースもあるだけに、この障害さえ取り除けばイブラヒモビッチのアメリカ挑戦が実現する日がやってくるのであるが果たして。




« スポンサードリンク »

Return to page top