ホーム » 監督人事
« スポンサードリンク »

カテゴリ「監督人事」の記事一覧(78ページ中1ページ目)

バルセロナの次期監督は? クーマン、ウンスエ、バルベルデの3名に絞られる?

baruserona.jpg




 先月、バルセロナのルイス・エンリケ監督が今季を最後にクラブを退任する意志を発表した。これを受け、クラブは後任人事の専任に追われている。
 バルセロナのロベルト・フェルナンデスSDは、水面下で人選に奔走しており、復数の指揮官候補に接触している様子。


 なにより、エンリケ監督の下で破壊された“ チキタカ ”を復活させるためには、相応の人物の招聘が必要だろう。
 新たな監督の決定権は、ジョゼップ・マリア・バルトメル会長が持つ。
 これは、バルトメウ会長政権下での最後の指揮官となる可能性が高いため、失敗は許されないのが事実だ。


 バルセロナは着実に劣化し始めている。“ チキタカ ”が鳴りを潜め、“ MSN ”やチームの中核を担うMFハビエル・マスチェラーノ、アンドレス・イニエスタ等は着実に年令を重ねている。
 近い将来、世代交代を断行しなければならないのは明白であり、次期監督には土台構築に大きな期待が寄せられているのが実情だ。


 そんななか、バルセロナは” 最終候補 ”を4名に絞ったとされている。
 現在、エンリケ監督の下でアシスタントコーチを務めるフアン・カルロス・ウンスエ氏、アスレティック・ビルバオを率いるエルネスト・バルベルデ監督、レアル・ソシエダを率いるエウセビオ・サクリスタン監督、そしてエヴァートンを率いるロナルド・クーマン監督だ。


 バルセロナにとって、最も簡単な解決策はウンスエ氏の内部昇格だろう。現に、かつての名将ジョゼップ・グアルディオラ元監督退任後に、ティト・ビラノバ氏を昇格させた過去を持つ。
 効率重視に大きくかじを切ったエンリケ監督は、リーガ・エスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、コパ・デル・レイの3冠という結果を残した。


 次期監督には、チームの基礎作り、そしてポゼッションスタイルの再構築という大きな使命がのしかかる。
 クラブOBを専任すると噂されているが、新監督の行方はどのような方向に進んでいくか注目が集まりそうだ。



« スポンサードリンク »

Return to page top