ホーム » 現役引退

カテゴリ「現役引退」の記事一覧(44ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

元イングランド代表MFパーカーが現役引退へ

pakaintai.jpg




 元イングランド代表MFスコット・パーカー。現在36歳のパーカーが、現役引退を正式発表した。
 チャールトン・アレティックの下部組織出身選手であり、1997年にトップチームデビューを果たした。


 2000年にのリッジへのレンタル移籍を経験後、2004年1月にチェルシーへ移籍。
 チェルシーで出場機会を得ることができなかったため、その後レンタル契約でニューカッスルやウェスト・ハム、トッテナムへと所属先を転々としてきた。


 2013年からフルアムでプレーし現在に至るパーカー。
 年代別のイングランド代表に召集され、2003年にA代表デビューを飾る。


 ナショナルチームで18キャップを経験するなど、そのパフォーマンスは多くのクラブが高く評価していた。
 パーカーは、主に各刻リーグの中堅クラブでのプレーを強いられることが多く、ビッグクラブとは比較できない過酷な環境でプレー。


 パーカーは、現役引退にあたり自身のキャリアを振り返るべく次のようなコメントを残した。

「 人生とキャリアの次の章へ進むためには今が最適だと信じているんだ。キャリアを楽しみ、その全ての瞬間を愛していた。誇りに思っているし、名誉なことだ 」


 なお、パーカーの現役引退後の進路は未だ明らかにされておらず、キャリアの大半をレンタル契約で過ごした貴重な経験を、指導者として活かす道へと選択することが理想と考えるのだが。


スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。