ホーム » スポンサー広告移籍情報 » ペドロの去就は? ルイス・エンリケ監督の構想に含まずバルセロナ復帰ならず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ペドロの去就は? ルイス・エンリケ監督の構想に含まずバルセロナ復帰ならず



 チェルシー所属のFWペドロ・ロドリゲス。今季、クラブが低調なパフォーマンスに終止しており、それに引きずられる形でペドロは本来のパフォーマンスを見失っており、スタメンが約束されているわけではない。
 ペドロ自身、ピッチ内にイニエスタやメッシが共にプレーしていないことを後悔するコメントを残したこともあり、チェルシー移籍が最善の策ではなかったことが改めて浮き彫りとなった。


 “ MNS ”の控えを務める選手の獲得を画策しているバルセロナ。古巣を知ったるペドロは理想的な人材であることは間違いないが、バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督はその可能性を完全否定。
 エンリケ監督は、セルタ所属のFWノリートをターゲットとしている。エンリケ監督はノリートをネイマールの代替選手であると考えており、今冬の獲得に注視しているところだ。


 とはいえ、ノリート獲得には年齢に見合わない高額な移籍金を負担する必要があり、ノリート獲得に失敗した場合ビジャレアル所属のFWデニス・スアレスをリストアップされている。
 今夏の移籍市場で半ば仲違いする形で新天地を求めたペドロ。


 ペドロが望んでも、もうバルセロナの選手とは考えられないのかもしれない。
 報道によると、ペドロは今季終了までレンタル契約でバルセロナに戻る案も画策されているものの、今のところ実現する可能性は低い。
 ペドロは当面、チェルシーでも勝ち続けトップフォームを勝ち取る必要があるだろう。


関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。