ホーム » 2017年夏の移籍市場 » バルセロナから関心のフアンフラン、デポルティボ退団の意思はない?
« スポンサードリンク »

バルセロナから関心のフアンフラン、デポルティボ退団の意思はない?

huanhuran.jpg




 デポルティボ所属のDFフアンフラン。サイドバックの補強を画策するバルセロナからの関心を集めているが、当の選手本人は移籍の意思がないことを強調した。
 DFアレイクス・ビダルの負傷により長期離脱が強いられているバルセロナ。


 右サイドバックの人材難で、シーズン途中に戦力補強を目指している。
 フリートランスファーのベテラン選手の獲得や、連盟の特例を使いスペイン国内での戦力補強という2つの選択肢を持つバルセロナは、どうやら後者を選択している様子。


 デポルティボの右サイドバックでスタメンを張るフアンフランをターゲットとしているようだが、選手本人は今季をデポルティボで終えることを望んでおり次のようなコメントを残している。


「 バルセロナからの興味はあったよ。正式オファーではないけどね。それは僕もデポルも知っていることだ。もちろん、彼らは他の選手にも興味を持っているだろう。最終的には誰も獲得しないかもしれないけどね 」

「 バルセロナが興味を持ってくれているなんて素晴らしいことだ。でも僕がデポルでシーズンを終えることは確実と言わせてもらうよ。そしてデポルと新たに契約を結び、何年もここでプレーすることになるはずだ。注目してくれる倶楽部があるのならば、それは自分が良いプレーを見せていることを意味する。それでも僕はデポルでシーズンを終えるよ 」


 今季、離脱者が相次ぎ戦力がガス欠気味のバルセロナ。特に右サイドバックの人材難は深刻であり、リーグタイトルを争うためにも喉から手が出るほど右サイドバックの選手を欲していることは間違いないが果たして。




関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top