ホーム » 監督人事 » 元イタリア代表DFマテラッツィがインドスーパーリーグのチェイナイイン指揮官を辞任したことを発表へ
« スポンサードリンク »

元イタリア代表DFマテラッツィがインドスーパーリーグのチェイナイイン指揮官を辞任したことを発表へ

materatuxi.jpg





 元イタリア代表DFでインドスーパーリーグのチェンナイインFCの監督を努めていたマルコ・マテラッツィ氏が、現地時間6日にクラブとの契約を解除したことを正式発表した。
 マテラッツィ自身の公式SNSで明らかにした。


 マテラッツィは、2006年に行われたドイツ・ワールドカップのイタリア優勝メンバーと知られており、2011年までインテルでプレー。
 その後、スパイクを脱ぎインドスーパーリーグのチェイナイインの指揮官を双方合意のもとで契約解除に至ったとのこと。


 マテラッツィは自身のSNSで『 私はチェンナイインと契約解除で合意した。2014年にはリーグ1位を経験するなど、素晴らしい思い出ばかりだ。インドスーパーリーグで成功をおさめることができたことは率直に嬉しいこと。チェンナイインは過去3シーズンのチャレンジを通して、大きな成果を生み出せるチームだと証明できた。将来に向けて前進することを願っている 』とクラブと良好な関係のもとで契約解除に至ったことを明らかにした。


 インドでの一つの挑戦を終えたマテラッツィ。次なる挑戦は欧州の舞台となるか、今後の去就に注目が集まりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top