ホーム » スポンサー広告選手 » この夏に移籍が噂されるマルコ・ロイス、ドルトムントが引き止めに長期契約をオファーか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

この夏に移籍が噂されるマルコ・ロイス、ドルトムントが引き止めに長期契約をオファーか?

mroisu.jpg




 ボルシア・ドルトムント所属のFWマルコ・ロイス。今夏の移籍市場でドルトムント退団が噂されているロイスに対し、クラブ側は新契約を準備して契約更新を目指しているようだ。
 報道によると、ドルトムントはロイスと結んでいる2019年までの契約を更に延長したいと考えているようだ。


 昨年夏に続き、大改革が噂されているドルトムント。FWピエール=エメリク・オーバメヤンという絶対的エースが移籍する可能性が余儀なくされており、攻撃陣の刷新は必須。
 その中心選手として、この“ ガラスのエース ”を据えることで、なんとか乗り越えようとしているのかもしれない。


 ドルトムントは、ロイスが現在受け取っている800万ユーロのサラリーを更に増額させる準備をしているという。
 この動きに、ロイスは『 私はドルトムントで生まれ、ドルトムントのユニフォームを着てプレーできていることにとても幸せを感じている。チームには若くて才能ある選手が多く、今後数年間は強いチームになると確信している 』とコメント。


 クラブに熱い忠誠心を誓っているロイスだが、アーセナルやチェルシー、パリ・サンジェルマンと言ったビッグクラブが選手に対し破格のオファーを用意して獲得に動くことは、ほぼ確実でありドルトムントやロイスが首を横に振り続けることができるかが最大の関心事か?



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。