ホーム » 2017年夏の移籍市場 » アーセナルがマドリーと大型トレードを画策か? サンチェス売却であのストライカー獲得とも
« スポンサードリンク »

アーセナルがマドリーと大型トレードを画策か? サンチェス売却であのストライカー獲得とも

benesan.jpg




 アーセナル所属のFWアレクシス・サンチェスとレアル・マドリー所属のFWカリム・ベンゼマの大型トレードが断行される可能性があるようだ。
 2014年夏にバルセロナからアーセナルへ加入したサンチェス。


 ここまで公式戦131試合に出場し63得点をマークするなど、アーセナルの攻撃陣を牽引するパフォーマンスを披露。
 クラブとの現行契約が2018年まで満了するため、契約延長について交渉を進めているが交渉が難航しているのが現状だ。


 アーセナルにとってサンチェスの慰留が理想であるが、サンチェスはクラブに退団する意向を伝えており、慰留は困難であると判断。
 その上で、アーセナルはかねてから獲得を熱望しているベンゼマ獲得に向け、サンチェスを交渉のカギを握ると考えているという。


 すでにアーセナルは2015年夏にベンゼマ獲得に向けマドリーと接触を図ったが、マドリー側がアーセナルのオファーを受け入れなかったため獲得が叶わなかった過去がある。
 マドリーは、サンチェス獲得に関心を示す動きを見せていたことを考慮し、アーセナルはこの夏が最後のチャンスととらえベンゼマ獲得に動くことになるのだろうか。




関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top