ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ベゴヴィッチ退団濃厚のチェルシー、第2GKにウルグアイ代表の逸材を獲得か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ベゴヴィッチ退団濃厚のチェルシー、第2GKにウルグアイ代表の逸材を獲得か?

musurerq.jpg



 チェルシーがガラタサライに所属するウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラの獲得を目指しているというのだ。
 報道によると、チェルシーは今年1月にもムスレラを獲得するようここみたが、ガラタサライからの徹底抗戦を受け獲得交渉から離脱。


 今冬の移籍市場でも多くのGK人と接触したもののどれも不発。
 だが、シーズンも後半戦に差し掛かってきた現タイミングで、何の動きを見せなければ戦力補強は完全に失敗に終わる。
 新たなチームを構築し始めたコンテ監督だが、思っていたような選手を獲得することができなかった。


 今季終了後に開幕されるマーケットがフクク数のクラブが独自の色を醸し出し大型補強を断行することとなりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。