ホーム » 2017年夏の移籍市場 » クリスティアーノ・ロナウド本人が、ポルトガル代表FWを後継者に指名、レアルへ獲得に猛プッシュか
« スポンサードリンク »

クリスティアーノ・ロナウド本人が、ポルトガル代表FWを後継者に指名、レアルへ獲得に猛プッシュか

andresiuba.jpg




 レアル・マドリーで絶対的なストライカーへと成長したFWクリスティアーノ・ロナウド。
 そのロナウドが、ポルトガルリーグでゴールを量産中のアンドレ・シルバが自身の後継者として指名し、ポルトガル代表の若き生命を指名した。


 C・ロナウドが注目しているのが、FCポルトで躍動しているアンドレ・シルバ。若干21歳の若さにして、ポルトガル代表に招集され、2016年10月に行われたワールドカップ応手予選のフェロー諸島戦でハットトリックを記録するなど大活躍を披露している。


 今季リーグ戦でもすでに15ゴールをマークする活躍を見せており、チャンピオンズリーグでも4ゴールをマーク。
 順調に成長し、得点を量産する若きポルトガル代表に同代表のレジェンドが高く評価。
 早くも、マドリーの首脳陣に対しアンドレ・シルバを獲得するよう進言しているようだ。


 シルバ獲得には6000万ユーロの移籍金が必要とされているが、年齢を考慮すると若干高額な印象も。
 マドリーというビッグクラブでの重圧を跳ね除けるだけのメンタルとパフォーマンスを披露することができるかが加入に向けた最大の焦点か?


 クリスティアーノ・ロナウドの全面バックアップを受けることができるのであれば、加入に向けた後押しとなることは間違いない。
 果たして、フロレンティーノ・ペレス会長が、成長著しいポルトガル代表ストライカーを“ 新銀河系軍団 ”に招き入れることとなるか注目が集まりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top