ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ベジェリンにバルセロナ復帰の可能性が? ヴェンゲル監督の去就次第でアーセナル退団も

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ベジェリンにバルセロナ復帰の可能性が? ヴェンゲル監督の去就次第でアーセナル退団も

brjerin.jpg




 アーセナル所属のDFエクトル・ベジェリン。この夏の去就が注目されるベジェリンに古巣バルセロナ復帰の可能性が浮上した。
 しかし、アーセナル退団にはクラブを率いるアーセン・ヴェンゲル監督の存在が最も重要になるとしており、指揮官が退任した場合にはクラブを退団する可能性があることを触れている。


 2016年11月にアーセナルとの長期契約を締結したベジェリン。
 サイドバックの補強を画策しているバルセロナがカンテラ育ちのベジェリン獲得に向け動いている。
 報道で伝えられているバルセロナに対してリスペクトしつつも、恩師ヴェンゲル監督に大きな影響を受け着実な成長過程を歩んでいることを強調し、ともに戦うことを主張した。


「 監督への忠誠心はサラリーよりも価値あるものだ。これはとても意味のあることだと思う。彼がアーセナルにいるということは僕にとって何よりも重要な事だ。しかしバルサからオファーがあれば、誰もが喜ぶと思う。なぜならバルサは世界一のクラブだ。バルサのアカデミーで育ったことは事実だし、あのクラブはいつでも特別な存在だ 」

「 でもバルサを離れた時、退団の経緯は少し複雑だったからもう戻らないと決めた。他の選手だったら退団の前にまた戻ってきたいと言うかもしれないけど、僕はフットボーラーになるためにイングランドに来た。だからもう戻るつもりはない。あの時はバルセロナから信頼されていないと感じたからクラブを退団した。あのクラブに居ることを価値が有ることだとは思わなかったし、幻滅していた 」

「 でも将来のことは何もわからないし、どんな可能性も否定することはできないと思う。シティが僕に興味を持っていることは知っている。ペップ・グアルディオラのように他の監督が僕のことを考えているなんてうれしいし、僕が活動できている証拠だと思う。幾つかのビッグクラブが興味を持っているなんて信じられない。でもバルサが一番特別なクラブだ 」


 今冬の移籍市場でアーセナルからの移籍が噂されたベジェリン。プレミアリーグのビッグクラブが獲得に動いていただけの実力者だけに、今後の動きには注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。