ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ヴェッラッティ争奪戦が勃発か? バルセロナ、ユヴェントス、バイエルン等が関心へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ヴェッラッティ争奪戦が勃発か? バルセロナ、ユヴェントス、バイエルン等が関心へ

vera.jpg




 パリ・サンジェルマン所属のMFマルコ・ヴェッラッティ。今夏の移籍市場でパリSG退団は既定事実として報じられている。
 先日行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のバルセロナ戦で、大きなリードを残しながらバルセロナに敗退したパリSG。


 欧州の頂を目指しているヴェッラッティは、パリSGでミッションを成し遂げることは困難と考えており、この夏の移籍の可能性をさぐっているという。
 そんなヴェッラッティに関して、バルセロナやユヴェントス、バイエルン・ミュンヘンと言ったビッグクラブが争奪戦を繰り広げている。


 パリSGとの現行契約は2021年まで残っており、獲得には巨額の移籍金が必要になることは間違いない。
 選手本人は、契約満了時までクラブに留まることは消極的な考えであるとされており、早ければ今夏に退団という動きがあるとみられているが。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。