ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » パリSGが“ アンリ2世 ”獲得か? 巨額のオファーを用意との報道も

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

パリSGが“ アンリ2世 ”獲得か? 巨額のオファーを用意との報道も

mubape.jpg




 ASモナコ所属のFWキリアン・ムバペ。フランス代表のレジェンドであるティエリ・アンリ氏の正統後継者として期待を集める若手ストライカーの一人。
 欧州のビッグクラブが獲得に関心を示すムバペに対して、パリ・サンジェルマンが獲得に向け積極的な動きを見せているという。


 報道によると、パリSGは8000万ユーロという破格のオファーを用意しているとされている。
 今季、ここまで公式戦で19ゴールをマークするなど好パフォーマンスを披露。


 リーグ・アンで首位に立つチームを牽引するパフォーマンスを披露しており、これを高く評価するレアル・マドリーもムバペ獲得に興味を示している。
 モナコにとってライバルクラブとなるパリSGに、将来を嘱望されるストライカーの補強は得策ではないものの、巨額の移籍金を前に首を横に振り続けることができるか注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。