ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ヴェラッティ、今季終了後にパリSG退団へ 『 複雑な状況だ 』と代理人が示唆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ヴェラッティ、今季終了後にパリSG退団へ 『 複雑な状況だ 』と代理人が示唆

barathi.jpg




 パリ・サンジェルマン所属のMFマルコ・ヴェッラッティ。今季終了後にパリSG退団の可能性が噂されている。
 クラブとの契約が2021年まで残されているヴェッラッティ。


 チャンピオンズリーグのタイトルを欲しているヴェッラッティは、パリSGで同タイトルを獲得することは困難であると考えており、チーム残留に消極的な姿勢であるという。
 現に、ヴェッラッティの代理人を務めるドナト・ディ・カンプリ氏は、選手の去就について興味深いコメントを残している。


「 複雑な状況だ。クラブとの契約は残っているが、彼はパリ・サンジェルマンでは成功できないと考えている 」

「 これはお金の問題ではない。彼はどこに行ったとしても高い額を稼ぐからね。もし彼がパリを離れるなら、ヨーロッパのビッグクラブへ移籍するだろう 」


 レアル・マドリーやバルセロナ、ユヴェントス、バイエルン・ミュンヘンと言った欧州を代表するビッグクラブがヴェッラッティの去就に関心を示している。
 お金が欲しければ、中国へ新天地を求めることで解決されるわけであり、選手として態勢を願っているヴェッラッティは、来季どのチームでプレーしているのか注目だ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。