ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » エジル退団が迫られるアーセナル、代役にアルダ・トゥランを指名か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

エジル退団が迫られるアーセナル、代役にアルダ・トゥランを指名か?

alda.jpg




 バルセロナ所属のMFアルダ・トゥラン。アーセナルがアルダ獲得を検討しているようだ。
 アーセナルは現在、MFメスト・エジルとFWアレクシス・サンチェスの契約延長交渉を行っているものの、交渉は停滞。


 アーセン・ヴェンゲル監督、そして今後の交渉の動きしだいでチームを牽引する両エースの退団は避けられない状況にある。
 報道によると、エジル、サンチェスの退団に備えアーセナルはアルダをリストアップしているという。


 バルセロナとアルダの現行契約は2020年まで。バルセロナのスタイルにフィットするのに時間を要し昨年夏の移籍市場では放出候補筆頭とされていた。
 リオデジャネイロオリンピックに出場していたFWネイマールの代役に起用されると、本来のパフォーマンスを披露。
 今季、公式戦29試合に出場し13得点をマークするなど、クラブの窮地を救う数多くのゴールを披露しているのが現状だ。


 アルダの去就のカギを握るのは、間違いなくエジル等の動向だろう。ヴェンゲル監督は、『 契約延長には至っていない。シーズン終了後に取り組むことになっている 』と話し、今後の交渉に期待しているようだ。
 なお、アーセナルがアルダを獲得に向け、2500万ポンド程度の移籍金を準備しているという。


 攻撃的なポジションを復数こなすことができる高いユーティリティプレーヤーであるアルダ。
 今季、試合に出場すれば結果を残している現状だけに、バルセロナが簡単に手放すとは考えにくいのであるが。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。