ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ペレス会長が“ アンリ2世 ”のムバペ獲得について言及

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ペレス会長が“ アンリ2世 ”のムバペ獲得について言及

muvape.jpg




 ASモナコ所属のFWキリアン・ムバペ。今季、リーグ・アンで好パフォーマンスを披露しフランス代表のレジェンドであるティエリ・アンリ氏の正統後継者として期待が寄せられているムバペの去就について、獲得に興味を示すレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が遂に口を開いた。


 デビュー2年目の今季、現在18歳のムバペは公式戦32試合に出場し19ゴールをマークする活躍を披露している。
 マドリーは、ムバペのパフォーマンスを興味深く見守っており、現地時間3月17日に開催されたマンチェスター・シティとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグに、ペレス会長が直々に観戦に訪れるなど動向に注目が集まっている。


 欧州のビッグクラブから関心を集めるムバペ。ペレス会長は、このフランス代表ストライカーを高く買っており、選手の去就について次のようなコメントを発した。

「 シーズンの今のタイミングで話すべきことではないが、あらゆることが起こり得る 」


 ムバペの獲得を否定しなかったことで、マーケットはにわかに騒ぎ出した。
 すでにムバペにはパリ・サンジェルマンが8000万ユーロのオファーを用意しているとされているが、この争奪戦にマドリーが参戦することとなれば、更に注目が集まる。


 FWカリム・ベンゼマとの契約延長の可能性が騒がれており、CFにポジションを移行するであるFWクリスティアーノ・ロナウド、成長著しいFWアルバロ・モラタと順当な戦力を有するマドリーにとって、ムバペ獲得はどのような相乗効果を生むこととなるのか?
 ムバペ獲得に向けた熾烈な争奪戦が繰り広げられることは間違いなく、今後の動きに注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。