ホーム » 2017年夏の移籍市場 » シティがコマンをターゲットに? グアルディジョラ監督がリスペクトとも
« スポンサードリンク »

シティがコマンをターゲットに? グアルディジョラ監督がリスペクトとも

koman.jpg




 マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、バイエルン・ミュンヘン所属のFWキングスレイ・コマン獲得を狙っているようだ。
 2015年にユヴェントスからバイエルンにレンタル契約で加入したバイエルン。


 バイエルンはコマンの買い取りオプションを有しており、2016年1月にカール・ハインツ・ルンメニゲ会長がオプション行使を明言したものの、現場最高責任者であるカルロ・アンチェロッティ監督は、この動きに批判的な考えのようだ。
 コマンに関してはクラブ内部で意見が別れており、将来を有望視されているコマンがこのまま飼い殺しされることになりかねない。


 この状況を受け、コマンを高く評価しているシティのジョゼップ・グアルディオラ監督が精力的に動き立とうとしている。
 グアルディオラ監督がバイエルンを率いていた当時から、コマンを高く評価し重要視していたこともあり、獲得を希望している。


 報道によると、コマン獲得に向けシティは4000万ポンドのオファーを用意しているという。
 今冬の移籍市場で総額2億ポンドという破格の資金をマーケットに投じる準備があり、その一端がコマン獲得であることは言うまでもない。
 

 今季、結果を残す事ができないシティ。グアルディオラ監督が希望する選手を総当りで接触するだけの意欲をスカウト陣は持っており、近いうちにコマン側と接触を試みることになるだろう。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top