ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » 仰天! シメオネ監督がグリーズマン移籍を容認へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

仰天! シメオネ監督がグリーズマン移籍を容認へ

agurizu.jpg



 アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が、チームの大黒柱であるFWアントワーヌ・グリーズマン退団の可能性を認めた。
 今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドが執拗にグリーズマン獲得に迫っている。


 グリーズマン本人は、“ 移籍の可能性を完全に否定 ”しているものの、その去就はチームを率いるディエゴ・シメオネ監督の同行次第だろう。
 今季終了後にシメオネ監督がアトレティコ退団が噂されている。
 仮に、シメオネ監督がクラブとの現行契約を1年間早めチームを去ることを決断した場合、グリーズマンの交渉が一気に進展する可能性がある。


 ユナイテッドは、グリーズマン獲得に準備しているオファーが、1億ユーロを有に超えると見積もられている。
 アトレティコにとっては、この資金で復数のポジションを補強できるため、グリーズマン売却は“ 損 ”だけで終わることはない。


 シメオネ監督も、グリーズマンの去就に対し“ 事実上の白旗宣言 ”をしているのが実情だ。


「 契約解除金が設定されている限り、彼が出ていかないと保証することはできない。これから何が起こるかは私にはわからないがね。彼とは昨年の夏の休暇の時に反しをした。多くのことを話し合い、彼の残留が決まった。その時、彼はもし私が残るのであれば残ると言ってくれた。その後、代理人と話をつけて、契約に至ったんだ 」

「 今回、グリーズマンは、私が残留を希望しても、そのまま飲むようなことはしないだろう。FWディエゴ・コスタやFWラダメル・ファルカオのときもそうだった。多くの貢献をしてくれた選手たちの決定に対しては、私は従いたいと思っている。でも明らかなのは、グリーズマンがチームに残る限り、このクラブは成長し続けるということだ 」


 なお、これまでの情報では、グリーズマンは今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドへ移籍する旨の“ 高騰合意 ”が存在することが噂されている。
 アトレティコ、そしてシメオネ監督に忠誠を誓っているグリーズマンだが、アトレティコ退団を避けることができないのだろうか?



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。