ホーム » 監督人事 » ラニエリ氏が監督業再会か? 古巣パレルモが招聘オファーへ
« スポンサードリンク »

ラニエリ氏が監督業再会か? 古巣パレルモが招聘オファーへ

ranienir.jpg



 今季、リーグ戦で苦しい戦いに終止しているパレルモが、クラウディオ・ラニエリ氏に対しラブコールを送っているようだ。
 2017年2月、成績不振によりレスター・シティ指揮官を解任されたラニエリ氏。


 15-16シーズン、レスター・シティを奇跡のリーグ優勝に導き名将の仲間入りを果たしたラニエリ氏。
 限られた戦力でプレミアリーグを制覇したことで、その知名度は更に高まり欧州の復数のクラブが、去就に注目しているという。


 レスター・シティを退任し、現在フリーとなっているラニエリ氏に、パレルモのポール・バカグリーニ会長が指揮官招聘オファーを提示する意向にあるという。
 水面下でオファーを提示すべく準備を進めているとされているパレルモ。


 今季リーグ第29節を終えた時点で18位と降格の危機に瀕している。
 現地時間3月6日にパレルモの会長に就任したばかりのバカグリーニ会長は、チームを復調に向けラニエリ氏招聘を画策しているのかもしれない。


 現役時代2シーズンパレルモでプレーした経験を持つラニエリ。
 古巣に指揮官として復帰し、降格の危機に瀕しているパレルモを再浮上させる大きなきっかけとなるのだろうか?



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top