ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » 不発のガメイロ、アトレティコを退団し中国スーパーリーグ挑戦か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

不発のガメイロ、アトレティコを退団し中国スーパーリーグ挑戦か?

gameiro.jpg




 アトレティコ・マドリー所属のFWケヴィン・ガメイロ。中国スーパーリーグ移籍を希望しているようだ。
 今季、CFの絶対的エースとして期待され昨年夏に加入したガメイロ。


 リーグ第28節を終了した時点で、26試合に出場し10得点と一定の結果を残している。
 だが、クラブ幹部は更なる活躍を期待。


 すでにアトレティコは、リヨン所属のFWアレクサンドル・ラカゼット等、この夏にストライカーの補強を画策している。
 ガメイロの下に中国のクラブから2000万ユーロという破格のサラリーが届いており、同選手はアトレティコ側に対し退団の意思を申し入れたという。



 アトレティコと中国スーパーリーグのクラブで取引が行われることとなれば、高額な移籍金のやり取りが交わされることは間違いない。
 だが、現時点でアトレティコはFIFAから課されている補強禁止処分解除が言い渡されていないのが現状。


 最悪の場合、この夏のマーケットも継続して補強禁止が言い渡される可能性があり、戦力として計算しているガメイロの売却は選択肢はないだろう。
 アトレティコは、スポーツ仲裁裁判所の決定を切に願って待っている。


 補強禁止解除となれば、ガメイロを高額な移籍金と引き換えに売却し、今季終了後にリヨンが求める移籍金4000万ユーロ程度のオファーを用意しラカゼット獲得に動くことは間違いない。
 ガメイロの去就を握るのはクラブ間以外のところにあるのは明白であり、今後の動きに注意深く見守っていく必要がありそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。