ホーム » 選手 » レアル・マドリーがイスコに対し2024年までの長期契約のオファーを用意
« スポンサードリンク »

レアル・マドリーがイスコに対し2024年までの長期契約のオファーを用意

isko.jpg



 レアル・マドリー所属のMFイスコ。今夏の移籍市場で去就が中目されるイスコ。
 マドリーはイスコに対し新たな契約を用意しているようだ。


 マドリーとイスコの現行契約は2018年まで。現地メディアの情報によると、イスコの契約が満了を迎えた時点でバルセロナが強奪すべく精力的な動きを見せているという。
 この報道に関しては、イスコ本人が否定するコメントを残しているものの、この夏の去就については別問題。


 クラブで出場機会の少ないイスコは、現状が改善されないようなら夏のマーケットで新天地を求めることを示唆しており、今後の動きに注目が集まりそうだ。
 将来のマドリーの中盤のキーマンとして大きな注目が集まるイスコ。


 その実力と将来性を高く評価しているマドリーは、イスコに対し2024年までの長期契約をオファーをする準備を進めているという。
 当然であるが、この契約更新で現在受け取っているサラリーの3倍の額となる600万ユーロという好条件のオファーを提示する意向。


 非常に魅力的なオファーであることは間違いないが、より多くの出場機会を望んでいるイスコは、現時点で去就は不透明。
 MFルカ・モドリッチやMFトニ・クロースの双璧は思いの外高く、イスコはカップ戦要因やターンオーバー要因として起用されているのが現状だ。


 今季、後半戦の勝負どころにイスコがどのように起用されていくのかによっては、夏のマーケットで噂されているユヴェントスやマンチェスター・シティ等複数のビッグクラブへ新天地を求める可能性が高い。
 果たして、マドリーは当代きってのドリブラーをクラブに引き留めることが出来るのか注目が集まりそうだ。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top