ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ヴェラッティ、ユヴェントス移籍に言及 「 ユーヴェは世界4強のひとつ 」
« スポンサードリンク »

ヴェラッティ、ユヴェントス移籍に言及 「 ユーヴェは世界4強のひとつ 」

beerathi.jpg




 パリ・サンジェルマン所属のMFマルコ・ヴェッラッティ。今夏の移籍市場で移籍の可能性が噂されているヴェッラッティが、古巣セリエA復帰について言及した。

「 イタリアにも、ユーヴェやインテルのように大金を投じることができるクラブはある。実際、ユーヴェは昨年夏にゴンサロ・イグアインを破格の移籍金で獲得した。ユーヴェは世界4強のクラブのひとつだよ。とても強くなった。いつの日かパリを去らなければならず、可能性があるのならば、自分にとって何も問題はない 」


 ヴェッラッティは、フランスで獲得することが出来るタイトルはすべて獲得し続けてきた。
 次なる挑戦はチャンピオンズリーグ制覇だが、未だその野望は叶えられていないのが現状だ。


 今季、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でバルセロナと対戦し、歴史的大逆転を喫し欧州の舞台から早々に離脱したパリSG。
 ヴェッラッティは、代理人を通じて『 パリSGではチャンピオンズリーグを制することは不可能 』と示唆するなど、その去就に注目が集まっている。


 なお、ヴェッラッティの去就にはユヴェントスやレアル・マドリー、バルセロナ、バイエルン・ミュンヘンと言った欧州を代表するクラブが、その動きに注目しているとされており、今後の動きに注目が集まりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top