ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ユナイテッドがネイマール獲得に本腰、巨額の投資で今夏に獲得か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ユナイテッドがネイマール獲得に本腰、巨額の投資で今夏に獲得か?

neima.jpg




 バルセロナ所属のFWネイマール。マンチェスター・ユナイテッドがネイマール獲得に向け破壊的なオファーを準備しているようだ。
 報道によると、ユナイテッドは今夏の移籍市場でネイマールを獲得すべく移籍金2億ユーロ、選手には年俸2500万ユーロという高額なオファーを用意。


 この取引が実現した場合、昨年夏にマーケット史上最高額を更新し獲得したMFポール・ポグバの1億500万ユーロを遥かに超える額となる。
 かねてよりバルセロナ退団の可能性が噂されてきたネイマール。


 選手本人はバルセロナ退団で調整を進めているようだが、ユナイテッド移籍には一抹の不安を感じているという。
 今季、リーグ戦での成績が振るわないユナイテッド。


 ネイマール移籍オペレーションを実現させるためには、来季チャンピオンズリーグ出場権確保が必須。
 だが、現在リーグ第5位とチャンピオンズリーグ出場圏外であり現状であればネイマール獲得は不透明。


 後半戦に向け尻上がりにパフォーマンスの向上が見られるユナイテッドにとって、逆転でチャンピオンズリーグ出場権確保もあり得る。
 ヨーロッパリーグタイトル制覇でも、来季チャンピオンズリーグ出場権が確保できるため、クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は両大会で尽力を注いでいる。


 すでにバルセロナは、ネイマール退団に備えユヴェントス所属のFWパウロ・ディバラ獲得に関心を示している。
 ネイマールのユナイテッド移籍は、今季の成績如何で決定されることになることは間違いないが、マーケットに出回ることとなれば他クラブが放置しないだろう。


 一部の報道ではチェルシー移籍で個人合意に達したとも伝えられているネイマール。
 来季、どのクラブチームのユニフォームを身にまとっているか、今後の動きに注目が集まりそうだ。




関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。