ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » 人気沸騰中のサコー、サウサンプトンやナポリが獲得に関心か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

人気沸騰中のサコー、サウサンプトンやナポリが獲得に関心か?

sako-.jpg




 クリスタル・パレス所属のDFママドゥ・サコー。今夏の移籍市場でサウサンプトンとナポリが獲得に関心を示しているようだ。
 昨季、ドーピング検査で陽性反応が出たことで30日間の出場停止処分を受けたサコー。


 昨年夏のプレシーズンで度重なる遅刻などチームの規律を乱す問題行動から、リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督から戦力外扱いを受けていた。
 今冬の移籍市場でクリスタル・パレスへレンタル契約でプレーしているが、リヴァプールに復帰したとしても戦力として計算されていないのは明らかだ。


 なかでもサウサンプトンがサコー獲得に向けリクルートを続けているという。
 サウサンプトンは、今季終了後にDFフィルジル・ファン・ダイクの移籍が示唆されており、クラブを率いるクロード・ピュエル監督がサコー獲得に興味を示している様子。


 リヴァプールとサウサンプトンの間では、これまで多くの選手の取引が行われており比較的関係は良好。
 移籍の障害はほとんどなく、交渉が順調に進めばサウサンプトン加入が近いのかもしれない。


 一方で、来季に向けセンターバックの補強に注力しているナポリも、サコー獲得に興味を示していると噂。
 だが、リヴァプールが求める移籍金を捻出できるかどうかに懐疑的な意見も耳にされており、具体的な動きに移るかどうかは不透明なところだ。


 クリスタル・パレスとの契約満了後、リヴァプール復帰が予定されているサコーだが、果たしてどのクラブを新天地として選択することとなるのか注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。