ホーム » 2017年夏の移籍市場 » チェルシーが、ボランチの補強に若きフランス人MF獲得を検討か?
« スポンサードリンク »

チェルシーが、ボランチの補強に若きフランス人MF獲得を検討か?

bacayoko.jpg




 チェルシーが、ASモナコ所属のMFティエムエ・バカヨコ獲得に関心を示しているようだ。
 今季、好調をキープしプレミアリーグで首位を快走するチェルシー。


 来季チャンピオンズリーグ出場権をほぼ確実なものとしており、過密日程に備えさらなるチーム強化に力を入れているところだ。
 クラブを率いるアントニオ・コンテ監督が導き出すチームカラーに染めるべく、モナコで活躍するバカコヨ獲得に動くとされているようだ。


 今回伝えられた情報によると、好調モナコで中盤の守備的MFとして活躍しているバカヨコ獲得にチェルシーは動いている。
 両者はすでに、好投合意に達しているとの情報も伝えられており、今後クラブ間こ交渉が行われることは明白のようだ。


 攻撃的なスタイルに大きく舵取りを切ったチェルシーは、一定水準の守備力を兼備する選手獲得を模索。
 バカヨコ獲得には障害がないものとみられているが、MFセスク・ファブレガスが在籍している現状を考慮すれば、現有戦力のスリム化が必要不可欠なのかもしれない。


 来季、フランス代表を担うであろうバカヨコ。チェルシーは若きフランス人MFを獲得することができるか注目が集まりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top