ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » セリエA屈指のストライカーにアーセナルとトッテナムが獲得に興味か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

セリエA屈指のストライカーにアーセナルとトッテナムが獲得に興味か?

sikku.jpg




 アーセナルとトッテナムが、サンプドリア所属のFWパトリック・シック獲得を画策しているようだ。
 現在21歳のシック。


 昨年夏の移籍市場でスパルタ・プラハからサンプドリアに加入。セリエA初挑戦となる今季、リーグ第29節を終了した時点で23試合に出場し7ゴールをマーク。
 今季、チームでの活躍により多くのビッグクラブがシック獲得に関心を示しており、ストライカーの補強を画策するアーセナルとトッテナムが効能の場を設けている。


 そのほかにも、シックにはインテルやウェスト・ブロムウィッチ、エヴァートン、クリスタル・パレスというった古豪も去就に注目しているとされており、サンプドリアが求める2100万ユーロの移籍金を要することができるかが一つのカギとなりそうだ。


 セリエAで急成長中のシック。この夏、どのクラブチームに移籍することとなるのか注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。