ホーム » 選手 » イブラヒモヴィッチ、ユナイテッド残留を示唆
« スポンサードリンク »

イブラヒモヴィッチ、ユナイテッド残留を示唆

iburah.jpg




 マンチェスター・ユナイテッド所属のFWズラタン・イブラヒモヴィッチ。今季終了後にクラブとの現行契約が満了を迎えるため、その去就に注目が集まっている。
 今年10月に36歳を迎えるベテランストライカーは、クラブとの現行契約満了後にアメリカMLSへの移籍の可能性が浮上している。


 だが、ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、イブラヒモヴィッチとの契約延長を望んでいるが、自身の去就についてイブラヒモヴィッチが口を開いた。


「 自らの仕事を終えずにさることはできない。私は今まで様々なクラブで結果を残してきた。何が起こるか見てみよう。私たちは話し合いの場を設けている。もう一年契約を延長できるかもしれない。なるべく長くクラブにとどまって良いパフォーマンスを見せたい 」

「 ユナイテッドで楽しんでいる。最高のクラブの中に最高の監督がいる。モウリーニョ監督のことは一緒に仕事する前からよく知っていたよ。彼は勝者であり、完璧な監督さ 」


 近々、ユナイテッドとの契約が延長されると伝えられてきたイブラヒモヴィッチ。
 選手本人が、ユナイテッド残留を強調するコメントを発したことから、来季もユナイテッドでプレーすることは確実なものとなりそうだ。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top