ホーム » スポンサー広告監督人事 » 次期バルセロナ指揮官候補のポチェッティーノ、バルセロナ移籍の可能性を否定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

次期バルセロナ指揮官候補のポチェッティーノ、バルセロナ移籍の可能性を否定

potye.jpg




 トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督。来季、バルセロナの指揮官候補にリストアップされているポチェッティーノ監督が、自身の去就について断言した。

「 私はエスパニョールのサポーターだ。この件( バルセロナ移籍 )に関して何かを言う必要はないと思っている。ダニエル・レヴィにクビにされた後、アーセナルに行くようなものだ。そのようなことをできるはずがない 」


 現在、バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督は、今季を最後に退任することが決定している。
 バルセロナは次期監督候補に、サウサンプトンやトッテナムを常勝軍団に導いたポチェッティーノ監督を高く評価し、次期監督候補にリストアップしている。


 サッカー界では何が起こるかわからないとされているが、引き抜きに必要な契約解除金は高額なものが予想されており、この夏各セクションに補強の必要性が叫ばれているバルセロナにとって、ポチェッティーノ監督は高値の花と考えても良さそうだ。




関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。