ホーム » スポンサー広告監督人事 » ヴェンゲル監督の去就は? マドリー今季無冠無理ならジダン監督を解任しヴェンゲル監督招聘か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ヴェンゲル監督の去就は? マドリー今季無冠無理ならジダン監督を解任しヴェンゲル監督招聘か?

venbgeru.jpg




 今季終了後に大きな玉突き人事が起こる可能性があるようだ。アーセナルでの去就が不透明な状態が続くアーセン・ヴェンゲル監督に、レアル・マドリー指揮官就任の可能性が急浮上した。


 今季、好調をキープしているマドリー。クラブを率いるジネディーヌ・ジダン監督の下で団結し厳しいシーズンを過ごしているマドリーだが、仮に今季無冠無理に終わった場合、慣例通りジダン監督と袂を分かち、新監督招聘に動くとされている。


 フロレンティーノ・ペレス会長を筆頭とする、クラブ経営陣はジダン監督の後任人に着手していると言われている。
 マドリーの新指揮官候補にはヴェンゲル監督等複数の候補がリストアップされていると言われている。


 中でも、ペレス会長がご執心のフランス人指揮官が電撃マドリー指揮官就任のビッグディールが待っている可能性がある。
 アーセナルとヴェンゲル監督の契約延長交渉は未だ進展がなく、報道では退任の可能性が常に伝えられているのが現状だ。


 ヴェンゲル監督の67歳という年齢を考慮した場合、監督業からの引退の可能性もなくはないが、未だサッカーに意欲を燃やし続けているヴェンゲル監督が、現役引退を選択する可能性は低いだろう。
 ペレス会長は、これまでも幾度かヴェンゲル監督と接触を試みたことがある。


 今季、リーグ戦そしてチャンピオンズリーグ連覇の可能性が残されているジダン・マドリー。
 負傷離脱車も多く、苦しい戦いが強いられているジダン監督だが、チームが空中分解しない限りリーグタイトルはほぼ手中に収めたと言ってもいいかもしれない。


 何れにしても、今季ジダン監督がチームをどの硫黄な形でフィニッシュさせることとなるかがヴェンゲル監督招聘のターニングポンととなる。
 ペレス会長は、チームにより高いレベルを求める会長として有名であり、ジダン監督がこれに答えられているかどうかは、現時点で不透明。


 ペレス会長は、自身の思い描くサッカースタイルを体現することができる唯一の指揮官であると考えているようであり、今季のクラブの成績如何では、ビッグディールが実現することとなるかもしれないが。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。