ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » マドリー、この夏にアザールとデ・ヘア獲得を画策、実現すればモラタの譲渡を画策へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

マドリー、この夏にアザールとデ・ヘア獲得を画策、実現すればモラタの譲渡を画策へ

reatyerusi.jpg




 レアル・マドリーがチェルシー所属のMFエデン・アザールと、マンチェスター・ユナイテッド所属のGKダビド・で・ヘアの獲得に向け準備を進めているようだ。
 報道によると、リーグ第29節終了した時点でリーグ首位に立つマドリー。


 FIFAから言い渡されていた補強禁止処分が、この夏に処分解除となるため、今夏の移籍市場での大型補強が噂されている。
 リーグ第29節を終えた時点で、リーグ首位に立つマドリー。


 さらなる戦力アップを目指し、夏のメインターゲットはアザールとデ・ヘアで間違いないとされている。
 守護神の補強はチェルシー所属のGKティボ・クルトゥワに接触し続け知恵るマドリーは、デ・ヘア獲得失敗し備えリストアップしているという。


 チェルシーは、今季好調をキープするクラブの中心選手であるアザール売却は市場命題。
 そのため、マドリーからのオファーを拒否する方針であるとされており、マドリーにとってタフな交渉が強いられることは間違いない。


 マドリーは、扉を閉ざしたチェルシーに対し、クラブを率いるアントニオ・コンテ監督が高く評価するFWアルバロ・モラタをトレード移籍の一部として刺し立つ準備を進めているという。
 とはいえ、これもジダン監督が最後まで食い下がる可能性はある。


 ジダン監督お気に入りのモラタ。途中出場ながら着実に結果を残す勝負強さは、今のマドリーに必要不可欠であり、将来のすたエースストライカーとして期待されている。
 果たして、マドリーは噂されているアザールとデ・ヘアのダブル獲りを実現させることができるのか注目が集まっている。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。