ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » テア・シュテーゲン、シティ移籍の噂を完全否定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

テア・シュテーゲン、シティ移籍の噂を完全否定

teashutegen.jpg




 バルセロナ所属のGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン。この夏にGKの補強を画策するマンチェスター・シティへの移籍が噂された。
 しかし、選手はバルセロナでの生活に満足し、シティ移籍の可能性を完全否定した。

「 チームメイトにも友達にも恵まれているし、このチームでのプレーを楽しんでいる。将来のことは誰にもわからないから、何年後までここにいるかは分からない。でもできるだけこのチームでたくさんのタイトルを手にしたい。そのために持てる力の全てを捧げたいし、絶えず成長していきたいんだ。とにかくいつも目の前のことに集中しているよ 」


 テア・シュテーゲンとバルセロナは、2019年まで契約を締結している。
 昨季、GKクラウディオ・ブラーボとポジション争いを繰り広げながら、カップ戦要員としてプレー。


 しかし、この夏にブラーボがシティへ移籍したため、バルセロナで正守護神の座を勝ち得ている。
 バルセロナの守護神には高い足元の技術も要求される。


 シティを率いるジョゼップ・グアルディラ監督が、ブラーボの代役にテア・シュテーゲン獲得に関心を示すのは当然のことであり、巨額の資金を投じる構えもあるだろう。
 守護神の補強を画策するシティ。テア・シュテーゲン獲得撤退後に、どの選手獲得に動くか注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。