ホーム » 2017年夏の移籍市場 » チェルシーがアレクシス・サンチェス獲得に向け交渉をスタートか?
« スポンサードリンク »

チェルシーがアレクシス・サンチェス獲得に向け交渉をスタートか?

asantyexu.jpg




 アーセナル所属のFWアレクシス・サンチェス。今季終了後の去就に注目が集まるサンチェスだが、同選手獲得を目指すチェルシーが代理人との交渉に入ったようだ。
 2018年にアーセナルとの現行契約が満了を迎えるサンチェス。


 クラブ側は、現行契約を延長するために交渉を重ねているものの、年俸を巡り両者間の条件に乖離が見られるため停滞。
 選手側は、一向に進歩が見れないクラブ側に対しフラストレーションを募らせており、夏の退団が常に噂されている。


 サンチェスの去就には欧州を代表するビッグクラブが関心を寄せているが、具体的な動きを見せているのがチェルシーとパリ・サンジェルマン。
 なかでも、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督がユヴェントスを率いていた当時からサンチェスの去就を注意深く見守っており、この夏の獲得に注力しているという。


 アーセナルはサンチェスとの契約延長がファーストチョイスだが、選手側が求めるサラリーを準備することに難色を示している。
 契約延長が実現しなかった場合、この夏の放出を認める意向である。


 だが、プレミアリーグでライバルとなるチェルシーへの移籍は避けたいと考えており、パリSGが争奪戦を一歩リードすることになるかもしれない。
 なお、アーセナルはサンチェスの取引で4300万ポンド程度の移籍機で売却を了承するとされている。


 より具体的な金額が出てきたことから、この夏の流出は規定路線としてみられており、今後の一挙手一投足に注目が集まりそうだ。




関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top