ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » サイドバックの補強を画策するマドリー、“ 禁断の移籍 ”を強効か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

サイドバックの補強を画策するマドリー、“ 禁断の移籍 ”を強効か?

teoeru.jpg




 現在、レンタル契約でアトレティコ・マドリーからアラベスに加入しているDFテオ・エルナンデス。左サイドバックの補強を画策するレアル・マドリーがテオ獲得の可能性を探っているという。
 アトレティコに籍を置くテオ。


 アトレティコで出場機会を得ることができないため、今季アラベスへレンタル契約で移籍。
 若干19歳のテオは、アラベスで左サイドバックとして公式戦29試合に出場しており、スペイン国内で注目を集める若手選手の一人となっている。


 アラベスへ武者修行の道を選択したアトレティコは、DFフィリペ・ルイスの後釜として据える予定であったが、この育成計画に歪みが。
 マドリーがテオの去就に注目したことで、両クラブの間で暗黙の了解で結ばれている“ 紳士協定 ”が破られることになりそうだ。


 今季終了後にDFファビオ・コエントラン退団が確実視されているマドリー。
 DFマルセロの代役を探すマドリーは、アトレティコが設定している2400万ユーロの契約解除金満額を支払い、テオを強奪する考えであるという。


 前述したとおり、マドリーとアトレティコの間には“ 紳士協定 ”が結ばれているとされてきた。
 マドリーが獲得を画策したDFFWラダメル・ファルカオ、FWセルヒオ・アグエロ等の交渉も介入する余地がなかったという。


 マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、この“ 紳士協定 ”の存在そのものを破断に追いやろうと尽力していることは間違いない。
 移籍マーケットの契約上、クラブが設定している契約解除金を支払い、選手との合意をまとめ上げてしまえば問題はない。


 これまで暗黙の了解で守り続けられてきた“ 紳士協定 ”の垣根を超え、将来性が有望視されているテオの強奪を実現させることが出来るか注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。