ホーム » 監督人事 » コンテ監督がチェルシー退団? 指揮官はクラブとの現行契約を強調
« スポンサードリンク »

コンテ監督がチェルシー退団? 指揮官はクラブとの現行契約を強調

kontee.jpg




 突如として浮上したアントニオ・コンテ監督のチェルシー退団説。リーグ戦で結果を残している現状を考えると、どこから湧いて出た情報かは不透明であるが、現地イングランドではその去就に注目が集まっている。


 現地で有名なエージェントであるアンドレア・パストレッロ氏が、指揮官のイタリア行きについて示唆したため、去就が騒がれている。
 この夏に、大物指揮官招聘を画策するインテルを中心に複数のビッグクラブがコンテ監督の業績を高く評価している。


 だが、コンテ監督はイタリア復帰の可能性を次の通り否定しチェルシーでの挑戦を継続していくことを示唆している。

「 私はここでとてもハッピーだ。パストレッロのこのインタビューを読んだよ。私は彼のことを知らないし、なぜこの人間が私について話しているかわからないね 」

「 私はイタリアで仕事をしていた。彼らは私に戻ってきてほしいみたいだね。それは普通のことだ。でも私はチェルシーとの契約があと2年残っている。これが真実だ。これが最も重要なことだ 」


 チェルシーで覇権を奪還すれば、一つのサイクルを構築することとなる。
 映り流行りの早いプレミアリーグで、サイクルを維持し続けることは困難な状況であることは変わりないことだ。


 野心溢れるコンテ監督だけに、ステップダウンとなるキャリアを求める可能性は限りなく低い。
 チェルシーでの挑戦を終えた時点で、さらなるビッグクラブからオファーが届いていれば、その話に耳を傾けることとなるのは間違いない事実だが。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top