ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ユナイテッドがチチャリート買い戻しを画策? モウリーニョ監督が高く評価とも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ユナイテッドがチチャリート買い戻しを画策? モウリーニョ監督が高く評価とも

elnandesu.jpeg




 レヴァークーゼン所属のFWハビエル・エルナンデス。今夏の移籍市場で古巣マンチェスター・ユナイテッドへ移籍する可能性があるのかもしれない。
 2015年夏の移籍市場でレヴァークーゼンへ移籍したチチャリート。


 ユナイテッド在籍時代は、途中出場が主。
 マドリー在籍最終シーズンま、レアル・マドリーへレンタル契約で移籍していた。


 類稀なる得点力を有するチチャリートだが、プレミアリーグで存分に発揮することができなかったが、ブンデスリーガ移籍で能力が開花。
 欧州のビッグクラブがチチャリートの去就に注目している。


 無論、新たなストライカーの補強を画策するジョゼ・モウリーニョ監督がチームOBの活躍を放置しているはずはない。
 モウリーニョ監督は、チチャリートのような選手がユナイテッドに合うと信じており、次のようなコメントを。

「 ポール・ポグバのシュートがポストに嫌われる回数はギネス級だ。それがどうにかなればと考えてしまう。ポストに嫌われた直接FKを何本か覚えているよ。それはクオリティの問題ではなく、運の話だ。彼らは優れた選手で、クリエイティブだ。クリエイティブなことはできるが、ゴールハンターというわけではない 」

「 シンプルな例を挙げてみよう。我々がオールド・トラフォードでゲームを支配するとして、チチャリートならそこでシーズン20ゴールは余裕で達成できると思う。ラスト10分か20分の器用だろうとね 」


 チチャリートに対し一定の評価をしているモウリーニョ監督。
 とはいえ、モウリーニョ監督の考えでは、チチャリートの存在は“ スーパーサブ ”の域を超える存在ではなく、先発出場を目論む選手本人は古巣ユナイテッド復帰が実現することになるのだろうか?



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。