ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ドログバがアメリカ挑戦へ、3部リーグでプレーを決断

ドログバがアメリカ挑戦へ、3部リーグでプレーを決断

dologuba.jpg




 元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ。アメリカ3部リーグ相当ユナイテッドサッカーリーグに所属するフェニックス・ライジングFC加入が正式決定した。
 現在39歳のドログバには、常に現役を退きチェルシーのフロント入閣が噂され続けてきた。


 しかし、現役生活にこだわるドログバは、チェルシー退団後モントリオール・インパクトでプレーし、シーズン終了後にチームを退団し自由契約となっていた。
 ドログバは、フェニックス・ライジングFC加入について次のようなコメントを残している。


「 これまで僕は、次にやりたいことを見つけるために時間を割いてきた。フェニックス・ライジングでチャンスを得られたことに興奮しているよ。北米におけるスポーツを初めて目の当たりにした時、発展の可能性を感じたいし、そこでフェニックスのオーナーグループについて知った。ピッチ内外で、彼らの組織拡大に貢献できると確信したよ。USLで成功し続けることをの楽しみにしているし、フェニックスはMLS参入に向けて良い条件が揃っている 」


 並々ならぬ意気込みのドログバ。年齢を感じさせないそのプレースタイルは、見るものを魅了する。
 急速に拡大を続けるフェニックス・ライジング。MLS参入を目指しており、ドログバがチームを昇格させることが出来るか注目が集まっている。



関連記事

Return to page top