ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ユナイテッドがマドリーと大型トレードを要求か?

ユナイテッドがマドリーと大型トレードを要求か?

tonikurodehea.jpg




 レアル・マドリーは、マンチェスター・ユナイテッド所属のGKダビド・デ・ヘア獲得を狙っている。ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督はチームの絶対的守護神の放出を望んではいないものの、仮にデ・ヘア売却となればマドリー所属のMFトニ・クロースの譲渡を要求しているという。


 マーケットで伝えられているのは、デ・ヘアのマドリー移籍は秒読み段階にあるとされている。
 2015年夏のマーケットでマドリー移籍の最終局面にまで迫ったが、書類の提出が間に合わず破断に終わった過去を持つ。


 スペイン復帰を熱望しているとも言われているデ・ヘア。
 モウリーニョ監督は、すでに新たなGKの確保に動いており、インテル所属のGKサミール・ハンダノヴィッチやACミラン所属のGKジャンルイジ・ドンナルンマ、チェルシー所属のGKティボ・クルトゥワ等をリストアップ。


 モウリーニョ監督が高く評価するトニ・クロースだが、マドリーの中盤に欠かせない選手であることは間違いなく、フロレンティーノ・ペレス会長も売却には否定的だろう。
 マドリーは、デ・ヘア獲得は金銭での取引を求めるとされており、マーケットを揺るがすような大型トレードが実現する可能性は極めて低いと見るのが妥当かもしれないが。



関連記事

Return to page top