ホーム » 監督人事 » トゥヘル監督退任が噂のドルトムント、現体制続行へ
« スポンサードリンク »

トゥヘル監督退任が噂のドルトムント、現体制続行へ

doruto.jpg




 ボルシア・ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督。今季終了後に退任の可能性が噂されているトゥヘル監督。
 クラブのハウス・ヨアヒム・ヴァツケCEOを始めとする首脳陣との意見の食い違いがみられていたが、ここにきて両者の状況が一気に改善されたようだ。


 今季、トゥヘル監督に求められたノルマはブンデスリーガ4位入り、チャンピオンズリーグベスト8、ポカールのベスト4だ。
 これらの目標を大幅に込める見通しの成績である現状に、ヴァツケCEOは『 トーマス・トゥヘルは稀に見るほど優れた監督だという事実だ 』と称賛の声を残した。


 トゥヘル監督残留により、来季に向けた構想も抜本的に見直されることになる。
 指揮官は、トップチームの理想的なメンバーの人数は24選手と考えているが、現在30名を抱える状況にあり、この夏に人員整理は必須。


 すでにミヒャエル・ツォルクSDが放出選手のリストアップを作成していると言われており、今季終了までに大きな動きがみられるかもしれない。
 トゥヘル監督残留に伴い、契約延長交渉も平行して行われることとなり、バランスを考えながらチームの世代交代に着手するとみられており、今後の動きに大きな注目が集まるかもしれない。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top