ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » パウリーニョ、広州恒大退団で中国国外追放か? 欧州再上陸との報道も

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

パウリーニョ、広州恒大退団で中国国外追放か? 欧州再上陸との報道も

paurinyoo.jpg




 中国スーパーリーグの広州恒大に所属するMFパウリーニョ。異国の地で思わぬ形に騒動に巻き込まれているようだ。
 2015年夏にトッテナムから広州恒大に加入したパウリーニョ。


 中心選手として活躍するパウリーニョだが、アジア最大のベッティング企業である『 Letou.com 』のプロモーション広告に出演。
 この行動が問題視され中国の法律に触れたと、現地で騒動に巻き込まれている。


 現時点で中国政府は、この騒動に言及していないものの、2つの法律を破ったとしてパウリーニョは国外追放される可能性があるというのだ。
 だが、このまま法に問われないのであれば、パウリーニョにとって良い結果に傾くかもしれない。


 ブラジル代表を率いるチッチ監督は、パウリーニョをチームの主力選手として起用。
 好調をキープしており、指揮官は更に大会レベルでのプレーを望んでいるかもしれない。


 今後の動きが注目されるパウリーニョに対しては、バイエルン・ミュンヘンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が獲得に興味を示しているとされている。
 ブラジル代表で中核的な役割を担うパウリーニョのパフォーマンスは、今季を最後に現役から退くMFシャビ・アロンソの代役とアンチェロッティ監督は考えているのかもしれない。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。