ホーム » 2017年夏の移籍市場 » 現役引退が噂のベルバトフ、現役続行を示唆
« スポンサードリンク »

現役引退が噂のベルバトフ、現役続行を示唆

belbatohu.jpg




 かつてマンチェスター・ユナイテッドやトッテナムでプレーしたFWディミタール・ベルバトフ。
 昨年夏の移籍市場でサンダーランドに加入する可能性があったことを明らかにした。


 2016年にPAOKを退団後、新天地を求めていたが所属先が決まらず自由契約に。
 現役引退の可能性も噂されたが、選手本人は現役続行に意欲的であり、かつて栄光を手にしたプレミアリーグ復帰の可能性を模索しているという。


 そんなベルバトフには、昨年夏の移籍市場でデイビッド・モイーズ監督が率いるサンダーランドと交渉を進めていたようだ。


「 プレーしたよ。サンダーランドの監督は話したが、結局は何も起こらなかった。長くフットボールを続けてきたけど、今も僕は良い状態だ。フットボールは僕の人生そのもの。まだ続けたい 」

「 プレミアリーグは全選手がプレーしたいとやってくる場所だ。また戻りたいよ 」


 お騒がせ騒動を連発したベルバトフも既に36歳。無理を聞いてくれるクラブチームは数少なく、選手が望むプレミアリーグへ復帰することができるのか注目が集まりそうだ。




関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top