ホーム » 2017年夏の移籍市場 » バルセロナ、デウロフェウ買い戻しを本気で検討か?
« スポンサードリンク »

バルセロナ、デウロフェウ買い戻しを本気で検討か?

deuro.jpg




 今冬の移籍市場でエヴァートンからACミランへレンタル契約で加入しているFWジェラール・デウロフェウ。
 エウロフェウの古巣であるバルセロナが、同選手の買い戻しを本気で検討しているようだ。


 2015年夏にバルセロナからエヴァートンへ完全移籍で加入したエウロフェウ。
 プレミアリーグにフィットしきれず出場機会を確保することができず、この冬にウイングの補強を画策していたミランがデウロフェウをレンタル契約で獲得していた。


 セリエAで秘めた能力をついに開花させた、現地時間3月に行われた代表ウィークで約3年ぶりとなるスペイン代表に復帰していた。
 今季後半戦のパフォーマンスを高く評価したバルセロナは、エヴァートンへ同選手を売却した際、買い戻し条項を付与しており、この条項を行使する方針で動いているという。


 バルセロナのロベルト・フェルナンデスSDは、『 彼を再び獲得する可能性はある。クラブはそのことについて考え始めているよ 』とコメントしており、獲得に意欲的な姿勢を見せている。
 買い戻し条件は、バルセロナが1000万ポンドの移籍金を支払うことで、デウロフェウを買い戻すことができる。


 ミラン加入後に12試合に出場し2ゴール3アシストと結果を残しているデウロフェウ。
 仮にバルセロナへ復帰したとしても、準レギュラーとしてスタートすることは明らかであり、このままミランに残留というシナリオを望んでいるのかもしれないが。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top