ホーム » スポンサー広告2016年夏の移籍市場 » エジル、中国スーパーリーグから破壊的なオファーを受け取っていた? 選手はこのオファーを即拒否

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

エジル、中国スーパーリーグから破壊的なオファーを受け取っていた? 選手はこのオファーを即拒否

oji.jpg




 アーセナル所属のMFメスと・エジル。昨年夏に中国スーパーリーグのクラブから破壊的なオファーを受け取っていたようだ。
 近年、欧州で活躍した大物スター選手の“ 爆買い ”で注目されている中国スーパーリーグ。


 昨年夏の移籍市場でチェルシーからMFオスカルという現役トップレベルの選手を獲得したことで、一躍注目されたリーグの一つ。
 そんな中国が、アーセナルで攻撃のタクトを振るうエジルをターゲットとしていたようだ。


 報道によると、エジルの元に破壊的なオファーを提示していたと伝えている。
 しかし、エジル本人は、このオファーに見向きもせず検討すらしなかったという。


 エジル本人は、中国から届いていたオファーを認めつつ、次のようなコメントを残している。

「 僕の想像を超えたとんでもないオファーが届いたよ。彼らは5年間で僕に1億2000万ユーロを支払うと言ってきたみたいだよ。代理人からその話を聞いた時、3分後には断りを入れたけどね。僕はまだアーセナルでタイトルを取りたいんだ。いくら積まれても中国に行く気はないよ 」


 アーセナルとエジルは2018年まで現行契約を締結しており、既に契約延長に向けた交渉はスタートしている。
 欧州のトップレベルで活躍できるパフォーマンスを維持しているエジルにとって、中国という異郷の地でのプレーは選択肢として無いのだろう。


 28歳という年齢、フィジカルが万全である現状を考えれば、大幅なステップダウンとなる移籍はない。
 まだまだキャリアの終盤を考える段階では無いが、キャリアの晩年を母国ドイツで過ごすことを望むのでは無いかと考えるのだが。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。