ホーム » 現役引退 » イブラヒモビッチが現役引退か? 右膝負傷で全治8ヶ月の離脱へ
« スポンサードリンク »

イブラヒモビッチが現役引退か? 右膝負傷で全治8ヶ月の離脱へ

ivula.jpg




 マンチェスター・ユナイテッド所属のFWズラタン・イブラヒモビッチ。現地時間20日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグのアンデルレヒト戦で、試合終了間際に空中戦で競り合い着地に失敗し右ひざを負傷。
 延長戦開始間際に時間をかけて治療したものの、アントニー・マルシャルと後退し途中離脱。


 一時は重篤なケガでないとされていたイブラヒモビッチだが、報道によると前十字靭帯損傷ではないかと伝えた。
 この報道が事実である場合、復帰まで約9ヶ月と長期の時間を様子ことに。


 未だ現役続行を示唆するイブラヒモビッチだが、35歳という年齢、そしてリハビリを考慮すると復帰まで1年程度必要な状況に追い込まれたことを考えると、このまま現役を退く可能性がある。
 今季、公式戦28ゴールを記録し低迷ユナイテッドを華院するパフォーマンスを披露しているイブラヒモビッチ。


 順調に行けばユナイテッドとの契約延長が目前とされていたために、今回のニュースは衝撃が走るところだ。
 一部の報道ではアメリカMLSに参戦するレッド・デビルズへの移籍も噂されていただけに、長期離脱でイブラヒモビッチの心はどのように動くのだろうか?



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top