ホーム » スポンサー広告海外サッカー事情 » シティとパリSGのファイナンシャル・フェアプレー制裁が解除へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

シティとパリSGのファイナンシャル・フェアプレー制裁が解除へ

city.jpg




 現地時間21日にUEFAが、マンチェスター・シティとパリ・サンジェルマンに対しファイナンシャル・フェアプレーにおける和解条件を満たしたと発表した。
 2014年にFFP違反で罰金、人件費、補強費という厳しい処罰が科されていた両クラブ。


 今回の報道でhUEFAクラブ・ファイナンシャル・コントロール機関の若い競艇に記された目標を達成したため、両クラブに今後罰金や罰則を科さないことを発表した。
 マーケットで積極的な動きを見せていた両クラブだが、制裁解除で積極的な動きが期待される。


 無論、さらなる収益を拡充させる必要はあるが、今夏の移籍市場で久々の札束攻撃を行うことを決断するかもしれない。
 処分中も欧州でトップレベルを維持し続けてきた両クラブ。


 真のビッグネーム獲得は実現していない現状を考えると、この夏のマーケットでどのような動きを見せることとなるか注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。