ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » 1000万ドルでアメリカMLS挑戦? チチャリートがロサンゼルス行きを決断か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

1000万ドルでアメリカMLS挑戦? チチャリートがロサンゼルス行きを決断か?

helunanndesu.jpg




 レヴァークーゼン所属のFWハビエル・エルナンデス。今季終了後にレヴァークーゼン退団が噂されているが、その新天地はアメリカの地となるのかもしれない。
 報道によると、2018年からMLSに加入が予定されているロサンゼルスFCが、チームの中心選手としてチチャリート獲得を画策しているようだ。


 ロサンゼルスFCは、メキシコのスター選手引き抜きのため、選手側と数ヶ月間協議を重ねており、選手側に年俸1000万ドルを超えるオファーを提示する可能性があるという。
 この冬、クラブとの確執が噂され移籍秒読み段階と噂されていたが、最終的にチームに残留。


 今季リーグ戦でブンデスリーガ26節を終了した時点で24試合に出場し10ゴールをマークするチチャリート。
 長きにわたり、苦労の時を過ごしてきた苦労人は、ブンデスリーガで躍動するパフォーマンスを披露している。


 ロサンゼルスという都市は、アメリカの中でもヒスパニック系の比率が高く、チチャリートをヒーロー的存在となる可能性は非常に対い。
 充実したキャリアを過ごすチチャリート。
 欧州で獲得に関心を示すクラブは多いが、果たして噂通りアメリカへ新天地を求めることとなるのだろうか?



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。