ホーム » 選手 » ヌリ・シャヒン、ドルトムントと契約延長へ
« スポンサードリンク »

ヌリ・シャヒン、ドルトムントと契約延長へ

shahin.jpg




 ボルシア・ドルトムント所属のMFヌリ・シャヒン。クラブは選手と2019年までの新契約で合意に達したことを正式発表した。
 ドルトムントで司令塔として活躍したトルコ代表MF。


 2011年にレアル・マドリー、2012年にリヴァプールと渡り歩き、2013年冬の移籍市場でドルトムントへ復帰。
 ドルトムント復帰意向も負傷に悩まされるなどしているが、ここ数試合は出場機会を得るなど、クラブを率いるトーマス・トゥヘル監督から信頼を勝ち得始めている。


 無事クラブと新契約を締結したシャヒンは、次のような喜びのコメントを残した。


「 ドルトムントで快適に過ごしていることは皆がわかっている。街やスタジアム、素晴らしいファンにね。ドルトムントいうクラブは僕のハートそのものさ 」


 一方で、クラブでCEOを務めるハンス・ヨアヒム・ヴァツケ氏も『 ヌリがとどまることになって、とても幸せだ。彼は息子のような存在だし、素晴らしい人間だからね 』と話した。
 ユルゲン・クロップ前監督の下、司令塔のポジションをほしいままにしていたシャヒン。


 近年は負傷の影響などで満足行く出場時間を重ねることができていないものの、巧みなゲームメイクはトゥヘル監督も高く評価しているようだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top