ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » バイエルンがコマンと契約延長へ、買取オプションを講師すると発表

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

バイエルンがコマンと契約延長へ、買取オプションを講師すると発表

komanb.jpg




 今季、ユヴェントスからバイエルン・ミュンヘンへレンタル契約で加入しているFWキングスレイ・コマン。
 コマンの契約には買い取りオプションが付与されていた。


 オプション行使は今年4月末までの取引とされてきたが、バイエルンが新たな契約を締結する事を決断した模様。
 バイエルンは、コマンと新たに2020年までの契約を締結。


 コマンを完全移籍で獲得することを決断したバイエルン。クラブのカール・ハインツ・ルンメニゲ氏は、選手獲得について以下のような期待を寄せている。


「 彼はチームの将来に向けた重要な構成要素だ。我々は買い取りオプションの行使を決めた。彼は大きなポテンシャルを持っていて、将来有望な選手。今後数年間、チームを助けてくれると確信しているよ 」


 2015年夏にユヴェントスからバイエルンへ2年間のレンタル契約で移籍していたコマン。
 加入初年度からバイエルンのスタイルにフィットし、今季リーグ第30節を終了した時点で17試合に出場し2ゴールをマークしている。


 この夏、バイエルンは世代交代の初めの動きとして復数のベテラン選手の売却が噂されている。
 コマンの完全移籍での獲得は、世代交代の最初の一歩となる動きかもしれない。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。